2017年3月24日 更新

派遣社員と正社員の違いは?働き方や給料、待遇などの違いを解説

同じ仕事でも、派遣社員や正社員といった雇用形態によって、働き方や給料、待遇などに大きな違いがあります。そこで今回は派遣社員と正社員の違いについて徹底解説。仕事に就くにあたって、どちらの雇用形態にするか悩んでいるという方は、是非参考にしてくださいね。

まずは派遣社員と正社員の特徴を理解しよう

派遣社員と正社員のどちらの雇用形態で仕事に就くか悩んでいる方は、まずは派遣社員と正社員、それぞれの特徴を理解することが大切です。

派遣社員とは?

派遣社員とは、人材派遣会社と労働契約を結んだ人のことをいいます。人材派遣会社が労働契約を結んでいる会社が勤務先となり、賃金を支払う会社と実際に働く会社が異なっているのが特徴です。

正社員とは?

人材派遣会社と労働契約を結ぶ派遣社員に対して、勤務先の会社と直接労働契約を結ぶのが正社員です。賃金も勤務先の会社から支給されます。

契約社員と正社員の給料の違い

契約社員と正社員では、給料も変わってきます。

まず、正社員は月給制となっており、動労時間や労働日数関係なく、毎月安定した収入を得ることが可能です。

それに対して派遣社員の給料は、労働契約を結ぶ人材派遣会社によって換算方法が異なっています。自給のところもあれば日給のところもあり、正社員のような給料の安定性はありません。
賃金は労働契約を結ぶ人材派遣会社によって差があり、額面的には正社員よりも低くなることが多いようです。

契約社員と正社員の福利厚生の違い

福利厚生とは、会社が従業員に対して人材の確保や定着、労働意欲の向上を図るために導入している制度のことをいいます。
社会保険の負担や児童手当などの法的福利厚生のほか、会社によって住宅手当や健康診断補助、ボーナスや交通費支給など、法定外福利厚生を複数導入しているところもあります。

正社員は勤務先の会社から受けられる法廷外福利厚生が充実しているのが特徴です。

派遣社員も平成16年の改正派遣法によって福利厚生を受けられるように定められました。
しかし、人材派遣会社で定めている継続雇用期間や週の労働時間など、福利厚生を受けるための条件をクリアする必要があります。
また、受けられる福利厚生も社会保険の負担や児童手当といった法定福利厚生のみであることが多いです。

派遣社員の場合は、正社員ほど充実した福利厚生を受けることは難しいといえるでしょう。

派遣社員と正社員では仕事内容にも違いがある

25 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【雇用形態】正社員と非正社員、メリット・デメリット

【雇用形態】正社員と非正社員、メリット・デメリット

近年、さまざまな業種で非正規社員の割合が増えてきました。なかには正規社員と非正規社員の区別が曖昧な企業もあり、正規社員として雇用されたつもりが、じつは非正規だったといったことも起こっているようです。では、正規社員と非正規社員には、どんな違いがあるのでしょうか。
あなたらしさを尊重した働き方。「派遣社員」のメリットとは?

あなたらしさを尊重した働き方。「派遣社員」のメリットとは?

働き方改革実現会議においてワークライフバランスの健全化が重要課題となっている昨今、「派遣社員」という働き方のメリットが改めて見直されています。プライベートと仕事の両輪をバランス良く保てる派遣社員という雇用形態のメリットについて解説いたします。
エンジニアを目指す業界未経験の女性向けのトークイベントを開催

エンジニアを目指す業界未経験の女性向けのトークイベントを開催

 正社員エンジニアを抱える人材サービスのVSN(東京・港、川崎健一郎社長)は、エンジニアの仕事に興味・関心がある業界未経験の女性をサポートするためのトークイベント「Engineer Girls Talk」を開催する。

この記事のキーワード

この記事のライター

gb編集部07 gb編集部07

セミナー・イベント

プレスリリース