2017年3月24日 更新

派遣社員と正社員の違いは?働き方や給料、待遇などの違いを解説

同じ仕事でも、派遣社員や正社員といった雇用形態によって、働き方や給料、待遇などに大きな違いがあります。そこで今回は派遣社員と正社員の違いについて徹底解説。仕事に就くにあたって、どちらの雇用形態にするか悩んでいるという方は、是非参考にしてくださいね。

正社員は基本的に週5日、フルタイムで働きます。
そのため、任される仕事も多く、結果次第ではキャリアアップを目指すことも可能です。

それに対して、派遣社員は人材派遣会社指定の労働条件に従って勤務します。
勤務先の会社が直接雇用しているわけではないため、任される仕事は正社員よりも劣ってしまいがちです。

しかし、結果を出せば、会社から正社員雇用の話を持ちかけられることもあるため、そのまま正社員として働いてキャリアアップを目指す人もいます。

派遣社員と正社員、それぞれのメリット・デメリット

派遣社員のメリット・デメリット

派遣社員のメリットは、自分の納得する条件のもと仕事ができる点です。

人材派遣会社に登録する際、自分の希望する職種や勤務地、給料や勤務時間、雇用期間などの要望を伝え、その条件とマッチする会社で働くことになります。
自分で仕事を探す必要もないので、仕事探しが苦手な方にもおすすめです。平日でも休みをとることができるため、自分の時間を大切することもできるでしょう。

しかし、ボーナスなどの法定外福利厚生を受けられなかったり、正社員のようにキャリアアップを目指しにくかったりするのは難点といえます。
また、雇用期間があらかじめ決まっていることが多く、一定の期間を過ぎたら再度仕事を見つけなくてはならない点もデメリットです。

正社員のメリット・デメリット

正社員のメリットは、なんといっても安定性です。長期にわたって働き続けることができ、毎月安定した収入を得ることができます。

福利厚生の充実した会社に勤めれば、ボーナスや交通費支給、住宅補助などを受けることもでき、金銭的なメリットも多いのが魅力です。キャリアアップも図りやすいので、仕事のやりがいも十分に感じられます。

ただし、フルタイムで働く必要があるため、休みがとりにくい、会社の就業規則に従わなければならないといったデメリットもあります。
残業や休日出勤をしなくてはならなかったり、転勤や出張を命じられることも。

このため、仕事よりも自分の時間を大切にしたいという方や自由に働きたいという方には不向きかもしれません。

派遣社員と正社員の違いを知って自分らしく働こう

今回ご紹介したように、派遣社員と正社員では、給料や福利厚生、仕事内容などが違ってきます。

自分らしく働くためには、自分の働きやすい雇用形態を選ぶことが大切です。派遣社員と正社員、どちらで働くか悩んでいるという方は、今回ご紹介した内容をもとに自分に合った働き方を考えてみてください。
25 件
AXIS記事下バナー

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【雇用形態】正社員と非正社員、メリット・デメリット

【雇用形態】正社員と非正社員、メリット・デメリット

近年、さまざまな業種で非正規社員の割合が増えてきました。なかには正規社員と非正規社員の区別が曖昧な企業もあり、正規社員として雇用されたつもりが、じつは非正規だったといったことも起こっているようです。では、正規社員と非正規社員には、どんな違いがあるのでしょうか。
あなたらしさを尊重した働き方。「派遣社員」のメリットとは?

あなたらしさを尊重した働き方。「派遣社員」のメリットとは?

働き方改革実現会議においてワークライフバランスの健全化が重要課題となっている昨今、「派遣社員」という働き方のメリットが改めて見直されています。プライベートと仕事の両輪をバランス良く保てる派遣社員という雇用形態のメリットについて解説いたします。
エンジニアを目指す業界未経験の女性向けのトークイベントを開催

エンジニアを目指す業界未経験の女性向けのトークイベントを開催

 正社員エンジニアを抱える人材サービスのVSN(東京・港、川崎健一郎社長)は、エンジニアの仕事に興味・関心がある業界未経験の女性をサポートするためのトークイベント「Engineer Girls Talk」を開催する。

この記事のキーワード

この記事のライター

ayako ayako

プレスリリース