2016年12月18日 更新

営業職、販売職のスキルアップに役立つ資格

社会人になったからには、スキルアップに気を配りたいもの。与えられた仕事を一生懸命こなすだけでは不十分です。スキルアップは自発的に行いましょう。この記事では、営業職と販売職のスキルアップに役立つおすすめ資格について解説します。

【営業職おすすめ資格その1】簿記2級

簿記は経理に携わる人だけでなく、営業職にとっても必要な知識です。財務諸表をパッと見ただけで企業の経営状態を推し量ることができれば合格です。

営業職で数字を上げるためには、財務状態がよいクライアントと付き合うことが大事です。財務状態が悪いクライアントに販売すると、「代金未収」に終わるケースも考えられます。

簿記初心者は3級からチャレンジ。計画を立てて勉強すれば1か月程度で取得できます。
画像素材 - PIXTA(ピクスタ)

【営業職おすすめ資格その2】宅建、FPなど業務関連資格

不動産業界なら「宅地建物取引士(宅建)」、金融・保険業界なら「ファイナンシャルプランナー(FP)」など業務関連資格を取得しておくと有利でしょう。

これらの資格はある程度の学習期間が必要で難易度も相応です。そのため、若手社員の多くは所持しておらず、差をつけるにはうってつけです。

【販売職おすすめ資格その1】販売士

販売職の方なら、この資格の名前くらいは耳にしたことがあるはずです。

販売職のなかではポピュラーなもので1級から3級まで存在。小売に関する知識のほか、マーケティングなどについても学びます。1級の合格はかなり困難ですが、合格すると一目置かれるようになります。

若手は3級からチャレンジするとよいでしょう。得た知識は、すぐに使えるものばかり。販売の原理原則を学びたい人に特におすすめと言えるでしょう。

【販売職おすすめ資格その2】接遇に関する資格

販売職なら接遇の基礎は学んでおきたいもの。

レストランのウェイター・ウェイトレスなら「レストランサービス技能検定」、その他の販売職なら「ホスピタリティ検定」や「接客サービスマナー検定」などがスキルアップに役立ちます。

資格取得を通してスキルアップを!

画像素材 - PIXTA(ピクスタ)

説明した資格はいずれも低資金で取得できるものばかり。

なかには難易度の高いものもありますが、スキルアップ計画を自分なりに立て、地道に学習するとよい結果が得られるでしょう。

社会人は会社によって与えられた研修だけでなく、自身で能力開発を行うことがポイント。将来的に転職に有利に働く可能性もあり、戦略的に取り組むことも考えてみましょう!
12 件
AXIS記事下バナー

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

資格を活かしてキャリアアップ!転職に有利な資格5選

資格を活かしてキャリアアップ!転職に有利な資格5選

資格はただ取得すれば良いというものではありません。しかし、資格を持っている人と持っていない人とでは、転職の難易度や選べる職業の幅に大きな差ができてしまうもの。そこで今回は、転職の際に心強い味方となってくれる資格を5つご紹介します。
ビジネススキル向上!ロジカルシンキングをトレーニングする方法

ビジネススキル向上!ロジカルシンキングをトレーニングする方法

ビジネスシーンでよく聞くロジカルシンキング。聞いたことはあっても、どんなメリットがあってどんなトレーニングで身につくスキルなのか、知らない方もいるのではないでしょうか。今回はロジカルシンキングのメリットやトレーニング方法をご紹介します。
AIが仕事を変える!AI時代を生き抜くために必要なスキルとは?

AIが仕事を変える!AI時代を生き抜くために必要なスキルとは?

人間の知能を上回り、ビジネス形態に大きな変化をもたらすとされている人工知能(AI)。AI時代を生きる私たちにとって、今後必要となってくるスキルとは一体何なのでしょうか?今回は、私たち人間がAI時代を生き抜くために必要なスキルをご紹介します。
日本の理想の経営者と言われる5人の名言

日本の理想の経営者と言われる5人の名言

日本には才能のある経営者が数多くいます。人生の成功者である日本の経営者たちの名言を知ることで、わたしたちも生きるヒントを得ることができるでしょう。つらいときや悩んだときに、名言を参考にしてみてはいかがでしょうか。
海外の理想の経営者として支持される5人の名言

海外の理想の経営者として支持される5人の名言

日本でも海外でも、著名な経営者たちの名言は仕事や人生へのモチベーションにつながり、私たちのやる気を引き出してくれるものです。今回は海外の理想の経営者として愛される5人の名言を紹介します。成功者の名言から、働き方のヒントを見つけましょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

楠山拓己 楠山拓己

プレスリリース