2016年8月17日 更新

【建設の転職】求職者の中心は35~44歳の中堅からベテランの建設技術者

ヒューマンタッチ 髙本和幸 代表取締役 

 2016年2月の「建築・土木・測量技術者」の有効求人倍率は4.71倍(前年同月比+0.48ポイント)となり、建設業各社にとって人材確保が非常に困難な状況が続いています。

 建設技術者は絶対的に不足しており、建築施工管理技士、土木施工管理技士等の施工管理系の有資格者だけではなく、資格のない実務経験者へのニーズも非常に高い状況が続いています。

建設技術者への高い採用意欲は当面継続が予測される

 建設投資は、2020年の東京オリンピックまでは民間投資に支えられて拡大基調で推移すると考えられ、建設技術者への高い採用意欲は当面継続すると予測されます。

 土木分野では、老朽化した社会インフラ(道路、橋梁、トンネル等)の維持管理が重視される時代へと急速にシフトしていくと考えられ、橋梁やトンネル等の点検や維持管理のスキルをもった技術者へのニーズが高まりそうです。

 建築分野では、住宅がフローの時代からストックの時代へと変わり、マンションの維持管理や住宅リフォーム分野の技術者へのニーズが高まりそうです。

 また今後は、建築分野のBIM (Building Information Modeling)、土木分野のCIM (Construction Information Modeling)といった、ICTを活用した施工に対応できる技術者へのニーズも高まることが予測されます。

女性らしい感性が重要になる住宅設計を中心に増加するのではないか

 求職者の中心は、35~44歳の中堅からベテランの建設技術者です。給与アップだけでなく、より良い労働環境(残業や休日出勤が少ない等)を目指して転職する人が多くなっています。

 また、UターンやIターン等で、地域限定で転職先を探している求職者も多く見られます。

 女性の求職者はまだ少数ですが、今後は女性らしい感性が重要になる住宅設計を中心に増加するのではないかと考えられます。

 20代後半~30代前半の若手の求職者は、潜在的転職希望者が多数存在すると考えられ、企業が採用条件を緩和して未経験者を採用する動きが進むと、顕在化してくるのではないかと思われます。

転職成功には、大量の情報を効率的に収集して分析することが必要

 求職者が転職を成功させるためには、大量の情報を効率的に収集して分析することが必要になります。売り手市場であるがゆえ、広い選択肢がある反面、間違った判断をしてしまう危険性も高くなるのです。

 そのようなリスクを避けるためには、人材紹介会社の専門キャリア・コンサルタントを活用して、求人票には書かれていない各企業の社風や組織風土等についての情報を収集し、自分自身のキャリア・デザインについてアドバイスを受けて、慎重にベストマッチの企業を選ぶことがポイントになります。

ヒューマンタッチ -転職エージェントガイド

ヒューマンタッチ -転職エージェントガイド
ヒューマングループの転職エージェントで、専門性の高いミドル層を得意とし、建設・土木・設備、不動産、医療・製薬、機械・電気・電子、ITの分野に強い。
9 件
AXIS記事下バナー

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

誰かの強い味方になれる!コンサルティングの業務内容とは?

誰かの強い味方になれる!コンサルティングの業務内容とは?

一口に「コンサルティング」と言っても、その種類や業務内容は実に様々です。コンサルタントの業務内容、お給料、また、やりがいとはどういったところなのでしょうか。今回は、気になるコンサルタントの仕事についてご紹介します。
就職・転職で気になるブラック企業とホワイト企業、言いかえればキャリアアップか安定か

就職・転職で気になるブラック企業とホワイト企業、言いかえればキャリアアップか安定か

就職・転職先選びで長時間労働かどうかなど労働時間を気にする人が増えている。とくに新卒学生は電通の過労死事件がマスコミで盛んに報道されたこともあり、労働時間や休日を指標にする傾向が強い。その傾向は転職者も同様だ。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(レポート担当) 編集部(レポート担当)

プレスリリース