2017年7月28日 更新

PDCAを活用して仕事のデキる人を目指そう【PDCA活用例】

仕事術ではよく耳にする“PDCAサイクル”ですが、知っていると使えているでは大違いです。“PDCA”を活用できないと業務の改善どころか仕事ができない人と評価されることも?!例をみながら内容の確認、そして具体例を参考に実際の業務に活かしていきましょう。

PDCAサイクルとは?

PDCAサイクル|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

“PDCA”は目標達成への基本的な手法です!そのため“PDCAサイクル”は人材育成の教育の中でも“5W1H”と並んで新人のうちに受けることが多いので、聞き慣れた言葉の方も多いでしょう。

“PDCAサイクル”とは、PLAN、DO、CHECK、ACTIONの略で、計画を作成し(PLAN)、実行・継続して(DO)、評価し(CHECK)、計画と実行の見直し・改善(ACTION)を繰り返す(サイクル)ことです。

これは品質の維持や向上、業務改善などある目的を達成するために有効な仕事術です。

PDCAそれぞれのステージでやること(具体例)

スタンプやること|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

“PDCAサイクル”を知っていると、できているでは大違いです。自分の仕事に活用するために、それぞれの4つのステージで何をするか?例をあげてみていきます。

まず、“PDCA”を行うには必ず目的があるはずです。まずは目標を定めましょう。
ここでは目標を「毎月新規顧客を4件獲得する」にします。

■PLAN

まず計画です。計画は期限をつけて立てます。
〈P:計画〉テレアポ毎週50件かける、飛び込み訪問毎週30件

■DO

次に行動です。
〈D:実行〉計画に沿って業務を進める

■CHECK

1ヶ月実行しての成果(計画した目標と達成率)と活動内容を客観的に確認し、総合的に評価します。
〈C:評価〉成果は?時間的な問題は?エリアの回り方は?他の業務への影響は?など

■ACTION

前のステージ〈C:評価〉で出た問題点の改善策を考えます。
〈A:改善〉成約しやすい時間への変更、訪問エリアの効率的な回り方の変更、訪問時の営業トークの見直し、他の業務とのバランス、など

例えばPDCAにKPIをドッキングする→精度は更にUP

25 件
AXIS記事下バナー

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

これでもう悩まない!仕事がサクサク進むメールの整理術

これでもう悩まない!仕事がサクサク進むメールの整理術

取引先や社内の人から、毎日のように届くメール。一通一通確認して整理していたはずなのに、気が付いたら重要なメールが行方不明になってしまっていた!という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、仕事の効率を上げるメールの整理術をご紹介いたします。
スマホ仕事に役立つおすすめの付箋アプリAndroid/iOS

スマホ仕事に役立つおすすめの付箋アプリAndroid/iOS

多くの人が仕事に利用しているアプリといえばスケジュール管理やメモアプリ、付箋アプリではないでしょうか?なかでも付箋アプリは使い方次第で複数のアプリを使いこなすより仕事の効率化に役立つこともあるのです。ビジネスシーンに便利な付箋アプリをご紹介します。
仕事効率UPのコツ!デスク上やPC内の書類を断捨離しよう!

仕事効率UPのコツ!デスク上やPC内の書類を断捨離しよう!

仕事の効率アップを図るためには、仕事スペースであるデスク上の書類、そして仕事で使用するPC内の書類を断捨離して片付けることが大切です。そこで今回は、デスク上やPC内の書類の断捨離方法についてご紹介。デスク上やPCが書類で散らかっているという方は参考にしてください。
スマホから英語を学ぼう!英語が学べる無料アプリ5選

スマホから英語を学ぼう!英語が学べる無料アプリ5選

社会のグローバル化が急速に進む中、日本では国民の英語力の充実が求められています。数年後に開催される東京オリンピックも見据えて、今からスマホの無料アプリを使って英語力を身に付けておきましょう。今回は英語力アップに役立つおすすめの無料アプリを5つご紹介します。
今の時代、MBA(経営学修士)を取得すると社会人はどう変わる?

今の時代、MBA(経営学修士)を取得すると社会人はどう変わる?

ビジネス界の最高峰で「経営幹部へのパスポート」ともいわれるMBA(経営学修士)。取得をするとどんな華やかな世界が待っているのでしょうか?そもそもMBAとは何か?国内のMBAホルダーの紹介、MBA(経営学修士)取得のメリットから取得方法まで紹介していきます。

この記事のキーワード

この記事のライター

haru haru

プレスリリース