2017年4月28日 更新

【金融の転職】実体経済の緩やかな下降に合わせダウントレンドに入る可能性が高い

アンテロープキャリアコンサルティング 小倉基弘 代表取締役

 当社は投資銀行業務等の金融スキル、コンサルティングスキルを持ったプロフェッショナルに対してエッジの効いた(厳しい競争環境の中で自己成長と高収入が手にできる)機会を提供するエージェントです。

 カバーしている範囲は投資銀行、バイアウトファンド(プライベートエクイティ)、アセットマネジメント(投信投資顧問)、不動産金融(J-REIT等)、グローバルマーケット分野及びコンサルティングファーム全般になります。

 今回はこれらの分野の中から金融分野にフォーカスして現状の求人動向、求職者動向、企業が採用を成功させるポイント、求職者が転職を成功させるポイントについて以下説明します。

プロフェッショナルポジションは即戦力、経験者採用がほとんど

 金融業界ジョブマーケットは景気動向に敏感に反応します。

 特に金融指標である、為替、日経平均が2012年12月にそれぞれ80円前半、9,000円台であったのがアベノミクス政策により、昨年夏まで円安の進行、日経平均の上昇(2015年8月為替125円台、日経平均20,946円)が続いていた状態が一旦ピークをうち、その後ボックス圏に入っていることが金融業界全体、ひいては金融業界ジョブマーケットに徐々に影響を与えています。

 足下では昨年中盤までの堅調さが残ってはおり、直近のジョブマーケット指標も2016年2月の完全失業率3.3%、有効求人倍率1.28倍と指標面では良い数値を示していますが、今後は上記のとおり、特に金融業界は実体経済の緩やかな下降局面に合わせるようにダウントレンドに入っていく可能性が高いと思われます。

 現状ではエクイティマーケット、JGBを中心とする流動性の高い国内債券マーケットを相手にしているバイサイドの資産運用業界、セルサイドのトレーディング関連部門での採用意欲が弱くなり始めているのが感じられますが、その他の投資銀行部門、投資ファンド(プライベートエクイティ)、不動産ファンド等については昨年度からの堅調さが維持されています。

 特に投資ファンド業界では既存ファンドからの独立による新規ファンド立上げ、海外からの新規ファンド参入また新たな政府系ファンド設立による新規採用もあり、ファンド間での転職、投資銀行、戦略系コンサルティングファームから投資ファンドへの転職も依然活発な状況です。

 新規分野ではベンチャーキャピタル、フィンテック等に関連するものも徐々には求人が出てきていますが、まだマーケットは小さく今後に期待するところになります。

 総じて金融業界のジョブマーケットは需給が均衡している状況で売り手市場になっているわけではなく、上記のプロフェッショナルポジションについては即戦力、経験者採用がほとんどであることは変わりません。

ステップアップを考えている方は早めに活動に入ったほうが良い

 採用動向が上記で示した通りであるため、個別事情を除いて人員削減が行われてはおらず求職者の9割以上は現職を持った状態で活動をしています。

 また足元の堅調さを反映してステップアップになる転職、例えば日系証券から外資系投資銀行、証券・投資銀行から投資ファンド、不動産ディベロッパー・不動産鑑定士から不動産ファンド、金融リテール営業からプライベートバンカーといった動きが主流になっています。

 ただし、今年後半にかけての金融ジョブマーケットは徐々に弱まる可能性もあり、業界でのステップアップを考えている方は早めに活動に入ったほうが良いかもしれません。

実績がなければ採用もされず、ましてや年収も上がらない

 当社が対応しているプロフェッショナル領域では、30歳以上になれば未経験者が採用される可能性は極端に低くなります。

 ましてや35歳以上になって経験値がない状態でM&Aがやりたい、投資業務がやりたい、といっても有力ファームで採用されることはないでしょう。

 わかりやすく表現すれば、プロフェッショナル領域での転職活動はプロスポーツ選手のそれに近いものがあります。

 つまり、実績がなければ採用もされず、ましてや年収も上がらないのです。

 逆に高いパフォーマンスを上げ続けている人材は多くのファームからオファーを受け、また高い年収を提示されます。

 この業界で転職を考えている方々は自分には何が出来て、何が出来ないのかの自己認識が必要です。

 20代であれば状況は少し変わりますが、「自分はこれがやりたい」で転職ができるほど甘い業界ではない、ということです。

 投資銀行、投資ファンド、アセットマネジメント、不動産金融、グローバルマーケット分野は今後益々プロ化が進みます。

 理想は「やりたいこと」かつ「高い実績をあげられるもの」を探しだし、その専門性を追求していくことになります。

アンテロープキャリアコンサルティング - 転職エージェントガイド

アンテロープキャリアコンサルティング - 転職エージェントガイド
金融業界とコンサルティング業界の人材紹介に実績があり、事業会社の経営企画、営業・マーケティング企画、新規事業開発、財務部門等の責任者やマネジャーの紹介を得意とする転職エージェントだ。
9 件
AXIS記事下バナー

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

気持ち良く退職する為に。仕事を辞める時のスムーズな手続き方法

気持ち良く退職する為に。仕事を辞める時のスムーズな手続き方法

転職先が決まった時、今の仕事を辞めることになりますが、辞める際に何から手続きをすれば良いのか戸惑うこともあるでしょう。現職場とトラブルにならないように、スムーズかつ円滑に今の仕事を退職するための手続きの手順をご紹介します。
円満退職の秘訣!仕事を辞める前には準備を欠かさずに!

円満退職の秘訣!仕事を辞める前には準備を欠かさずに!

いざ退職!となった時、後悔が残るのは辛いですよね。円満に退職するためには、仕事を辞める前の準備が不可欠です。では一体どんな準備をすれば良いのか?今回はそんな疑問を解消します。仕事を辞める前に準備をしっかり整えて、気持ちよく次のステップにうつりましょう!
転職に有利!面接の受け答えを格段にレベルアップする方法とは?

転職に有利!面接の受け答えを格段にレベルアップする方法とは?

転職時の面接では、それまでの自分のキャリアと、企業の求めているニーズが一致するような受け答えをする必要があります。今回は、面接の受け答えに対する事前準備の方法から話し方まで、実践的な面接対策法をご紹介します。
誰かの強い味方になれる!コンサルティングの業務内容とは?

誰かの強い味方になれる!コンサルティングの業務内容とは?

一口に「コンサルティング」と言っても、その種類や業務内容は実に様々です。コンサルタントの業務内容、お給料、また、やりがいとはどういったところなのでしょうか。今回は、気になるコンサルタントの仕事についてご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(レポート担当) 編集部(レポート担当)

プレスリリース