2016年12月18日 更新

「仕事ができない人」の10の特徴 心当たりがある人もいるかも?

会社に勤務している以上、人からの評価は避けられない。いったん「仕事ができない人」とレッテルを貼られるとイメージ回復は難しいものだ。職場でそう言われないよう「仕事ができない人」の特徴を押さえよう!

批評家になっている

「仕事ができない人」は、他人の批判ばかりしている。批判をしても解決することなどほとんどない。他人の批判をする前に、代案を出すなどしたほうがずっと建設的だろう。「批判をするなら、何か考えはあるのか?」と「仕事ができない人」に聞いても、「うーん、ないですね」と言う姿がはっきりと思い浮かぶ。

「仕事ができない人」は、結局のところ、すべてが他人事。会社の一員であるにもかかわらず、当事者意識が欠けている。

時間にルーズ、遅刻が多い

「仕事ができない人」は、時間の重要性をわかっていない。「タイムイズマネー」とはよくいったもので、時間もお金と同じくらい、いや取り返せないという意味では、お金以上に大切なものだ。

遅刻をしてクライアントを待たることは論外。本来、時間の価値を知っていればこのようなことは絶対に起こさないだろう。

また、「仕事ができない人」は、「これくらいの遅れは大丈夫だろう」などと自分勝手に物事を判断している。大丈夫かどうかは、他人が決めること。配慮が欠けていると言わざるを得ない。

下準備をしていない

「仕事ができない人」は、下準備をせず、ぶっつけ本番で事に臨む。なぜか「成功する」という根拠のない自信だけはあるから、目も当てられない。

どんなプロフェッショナルでも、リハーサルなしでは良い結果は残せない。「仕事ができない人」は、そのことを理解していない。

「仕事ができない人」と言われないために

「仕事ができない人」の特徴を挙げてみた。自分に思い当たることが、ひとつやふたつあったかもしれない。そんな人は、ぜひ改善を試みてほしい。
23 件
AXIS記事下バナー

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

出世する人と出世しない人の特徴は?その違いを明確に解説!

出世する人と出世しない人の特徴は?その違いを明確に解説!

仕事をする以上、出世をして、誇れるような地位や裕福な暮らしを手に入れたいもの。そのためにまず考えるべきことは、出世する人と出世しない人とでは、どのような違いがあるのかということです。そこで今回は、出世する人と出世しない人の特徴について、ご紹介していきます。
意外と徹底できていない?!報連相の目的・重要性・方法とは?

意外と徹底できていない?!報連相の目的・重要性・方法とは?

ビジネス界で必須である「報告・連絡・相談」。組織で働く上で、仕事をより効率的にする潤滑油ともいえる存在ですが、あなたは今でも報連相が出来ていますか?既に仕事のルーティンワークに組み込まれている場合も多いかと思いますが、その方法と重要性、目的についてまとめていきましょう。
【具体的な方策まとめ】報連相がうまくいくコツ

【具体的な方策まとめ】報連相がうまくいくコツ

『報連相』こと報告・連絡・相談のコミュニケーション術は、仕事をスムーズに進める潤滑油のようなもの。毎日頻繁に実行していくことも大切ですが、ちょっとしたコツを取り入れると今よりもうまくいくようになるかもしれません。今回は報連相のコツを、具体的な案に絞ってご紹介します。
「知ってるつもり」に要注意!報連相ってどんな意味?

「知ってるつもり」に要注意!報連相ってどんな意味?

仕事の報連相といえば報告・連絡・相談のことだというのは、今や広く知られています。しかし「報告は誰にするのか?」「報告と連絡の違いは?」と具体的な意味を問われると、答えに詰まる人も多いのではないでしょうか。今回は改めて報連相の意味を解説していきます。
違いはどこにある?報連相できる人・できない人の特徴

違いはどこにある?報連相できる人・できない人の特徴

上司に話しかけそこねて報告できない、ついつい連絡を後回しにしてしまう、相談せずに自分で解決策を考えて実行……。報連相ができる人とできない人には、どんな特徴や違いがあるのでしょうか。報連相ができない要因と、できる人の特徴をそれぞれまとめました。

この記事のキーワード

この記事のライター

楠山拓己 楠山拓己

プレスリリース