2017年1月27日 更新

「文章力」のない人に共通する7つの特徴

文章作成能力は社会人に必須の技能ですが、思った以上に苦手意識を持っている人が多いようです。文章が上達すると、仕事のスピードが早くなるだけでなく、自分の意見を的確に伝えることができるようになります。この記事では、「文章力」がない人の特徴を考察し、どのように改善すべきか、考えていきます。

「文章力」とは何か?

無料の写真: 手紙, 紙, 書き込み, 詩, ベンチ, 手書き, 原稿 - Pixabayの無料画像 - 1825055

この記事における「文章力」とは、「文章を読んだ人が書いてある内容をスッキリと理解できること」と定義します。

【文章力がない人の特徴その1】一文が長すぎる

無料の写真: ダライ・ラマの任命, 1876, 翻訳, 選任のプロセス, 古文書 - Pixabayの無料画像 - 1159794

文章力がない人は、100文字、200文字を句読点だけでつなげようとします。文章が長くなると、読み手は前半部分を忘れてしまう傾向があり、趣旨が伝わりにくくなります。それに、読み返す頻度が多くなり、読み手に使わせる時間が多くなります。

《改善方法》
1.50文字程度でいったん文を終わらせる
2.100文字程度の文章なら、2文に分けて書く

【文章力がない人の特徴その2】主語と述語が一致していない

無料の写真: コンピューター, 作業, 相談, 業務, 日, ノートパソコン, 勤務 - Pixabayの無料画像 - 506756

日本語は主語と述語があって成り立つもの。文章力がない人は、このことをしばしば忘れています。特に一文が長くなってしまった場合は要注意です。

《改善方法》
1.書いている最中も主語と述語を意識
2.書き終えたら3回は見返す

【文章力がない人の特徴その3】詰め込み過ぎ

画像素材 - PIXTA(ピクスタ)

文章力がない人は、話題があっちこっちに行き、「結局、何が言いたいの?」となることがよくあります。

《改善方法》
1.書く話題はひとつに絞る
2.読み手の気持ちになって文章を作成する

【文章力がない人の特徴その4】論理破たんを起こしている

画像素材 - PIXTA(ピクスタ)

文章力がない人は、論理破たんに気づきません。文章は論理を積み重ねるもの。「しかし」や「つまり」を多用する人が見受けられますが、後に続く内容が論理的ではありません。

《改善方法》
1.接続詞の使い方を復習する
2.急がずゆっくり書く
26 件
AXIS記事下バナー

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビジネスシーンでも活躍!文章力を鍛えるおすすめの本5選

ビジネスシーンでも活躍!文章力を鍛えるおすすめの本5選

報告書の作成やメール、SNSへの投稿まで、文章を書く機会はたくさんあります。文章力は普段から鍛えておきたいものですよね。文章がうまくなるには本を読むのがおすすめです。なかでも特に文章力アップが期待できる、おすすめの本をご紹介いたします。
いまさら聞けない!ビジネスメール文章力の基本

いまさら聞けない!ビジネスメール文章力の基本

現代のビジネスシーンには欠かせないツール、メール。基本的な文章力の有無が、仕事場での評価を左右すると言っても過言ではないでしょう。社内はもちろん、取引先や顧客とのビジネスを円滑に進めるために、ビジネスメール文章力の基本をしっかり確認しておきましょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

楠山拓己 楠山拓己

プレスリリース