2016年12月18日 更新

意外に難しい訪問先でのコートのビジネスマナー!

11月に入って、気温も一気に下がり、場所によってはすでに初冠雪も見られました。とくに朝晩は冷え込みます。通勤時のコートは必須アイテムですよね。でも困るのがビジネスシーンのコートの扱いですよね。そこで今回は、コートのビジネスマナーをご紹介しましょう。

訪問先でコートはいつ脱ぐの?

取引先の会社に訪問するとき、肌寒い今の季節はコートを着て外出しますよね。さて、訪問先の企業につきました。

(1) あなたはいつもコートを何処で脱いでいますか?

1. 会社のビルの入り口の外。
2. ビルに入って受付の社員に話しかける前。
3. オフィス内で部屋に通される前

例えば、余所のお宅を訪問するとき、チャイムを押す前にコートを脱ぐのがマナーとされています。

何故かというと、コートを脱ぐ際の姿があまり美しいものではないことと、外出先でついたコートのほこり等を訪問先に持ち込むことを配慮した気遣いからです。

とすると、訪問先の企業のビルを訪問先のお宅だと考えてみましょう。
すると、ビルの入り口が玄関です。
だから、コートを脱ぐのは、ビルの入り口の外ということになりますね。

(2) 複数のオフィスが入っているビルの場合

でも、複数の企業が入っているビルの場合、オフィスの入り口の前まで行って、入り口にある電話で社内の人間を呼び出し、用件を伝える訪問の仕方もありますね。

この場合は、ビルに入ってすぐに入り口の片隅でコートを脱ぐのもありです。少なくとも、オフィスの前で電話をかけるときには、コートを脱いでおくのがマナーです。

しかしビル内では、何処で訪問先の社員の方に会ってコートを脱いでいる姿を見られているとも限りません。

スマートな立ち居振る舞いも、ビジネスシーンでは好感度を左右します。

どんなマイナスイメージをクライアントに与えないためにも、ビジネスマナーは重要です。
そして、しっかりしたビジネスマナーは、信用の原点にもなります。

では、やはりビルの外でしょうか?

この場合は、ビルの入り口からオフィス前の電話までの道のりは、訪問先のお宅の門から玄関までのアプローチのようなものです。

門の前でチャイムを鳴らしてしまうと、既にモニターで相手に見られていることも多いでしょう。

しかも、玄関にたどり着く時間が予測されます。
そこで、モニターに移ることも考え、相手をお待たせしないためにも、コートは脱いでチャイムを鳴らすのがマナーです。

しかし、複数の企業が入っているビルの場合は、オフィス前の電話を鳴らすまで、相手先の企業の方とのコンタクトはひとつもありません。

すると、ビルに足を踏み入れる前ではなく、1Fエレベーターに乗る前が無難でしょう。

但し、エレベーター前や人通りがある場所でコートを脱ぐのはNGです。
その周辺にいる誰に対しても、歩行の邪魔になったり、何かしらの迷惑をかける可能性が生じたり、あまりお行儀の良いものではないからです。

そこで、ビルに足を踏み入れたら、1Fフロアの片隅でひっそりとコートを脱いで、身支度を調えて堂々とエレベーターホールに向かいましょう。

このように、ケースバイケースでビジネスマナーは変わります。でも、わからなくなったら、ビルの外でコートを脱ぐのが無難かもしれませんね。

コートを脱いだ後のおすすめのコートの持ち方

さて、コートを脱ぎました。このコートをどんなふうに持つかも外見の雰囲気を左右します。
このとき、既にコートは、スーツのアクセサリーのひとつのようなものです。

きれいにたたんで、肘を折って手にかけるのが美しい姿です。
無造作に抱えるのは雑な性格に見られることもあります。

一般的には、コートの肩と肩を合わせて半分に折り、コートの両手を合わせて前身頃に重ねた状態で、半分折りにして腕にかけましょう。

そして深呼吸をして、背筋を伸ばして企業の玄関に足を踏み入れましょう。

応接室や会議室に通されたとき

一般的に、企業を訪問したときは応接室かどこかに通されて少し待たされることも多いでしょう。

促されるまま、椅子に腰掛けますね。
その時にコートの置き場に迷うかもしれません。

そんな時に、応接室にコート掛けを見つけた場合、あなたはどうしますか?

訪問先の企業の方から何も言われないのに、勝手に使用するのはNGですから気を付けましょう。
自分から使用の許可をお願いするのもあまりおすすめではありません。

そもそもコート掛けが来客用かどうかも不明です。

先方から「コートをお掛け下さい」と言われない限り、コートかけは他人の私用のインテリアでしかないことを心に留めておきましょう。

部屋に通されて椅子に座り時のコートの置き場所

19 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

決め手は足元!革靴で洗練されたオフィスカジュアルを楽しもう

決め手は足元!革靴で洗練されたオフィスカジュアルを楽しもう

オフィスカジュアルは意外と難易度の高いスタイルです。あまりにカジュアル過ぎると、ビジネスシーンに沿わないファッションになってしまいがち。そこで今回は、足元ひとつでカジュアルながらも洗練されたスタイルに仕上がる革靴ブランドをご紹介します。
ビジネスシーンで使える。おすすめのメンズリュック5選

ビジネスシーンで使える。おすすめのメンズリュック5選

近年は両手が自由になり動きやすいため、ビジネスシーンでもメンズリュックを使用する方が増えています。ビジネスでリュックを使うのは抵抗があるという方もいるかもしれませんが、堅め系、普通、ゆるめ系などの職種別にメンズリュックを集めましたので参考にしてみてくださいね。
クールビズはいつまで?夏本番前に期間をしっかり確認しておこう

クールビズはいつまで?夏本番前に期間をしっかり確認しておこう

すっかり定着してきた「クールビズ」ですが、実は意外と「いつからいつまで」と期間を答えられる人は少ないようです。5月1日より始まったクールビズ。この期間はいったいいつまでなのか?まさかの大恥!?とならないよう、夏本番前にしっかり確認しておきましょう。
自分らしさをさりげなくアピールしよ♪おしゃれな名刺入れ5選

自分らしさをさりげなくアピールしよ♪おしゃれな名刺入れ5選

社会人になると頻繁に行われる名刺交換。おしゃれな名刺入れからスマートに取り出せたら素敵ですよね。では、どんな名刺入れなら、相手に好印象を残せるのでしょうか。今回は出来る女性ならぜひ持っていて欲しい、おしゃれな名刺入れをご紹介します。
ビジネスマン必須!この春おすすめのおしゃれ名刺入れ5選

ビジネスマン必須!この春おすすめのおしゃれ名刺入れ5選

ビジネスマンなら誰もが持っている名刺。仕事の顔と言える重要な名刺は、素敵な名刺入れに収納して気分よく使いたいですよね。そこで今回は少し高級な、おしゃれな名刺入れをご紹介します。春から気分を一新して、新しく、よりおしゃれな名刺入れにアップデートしませんか?

この記事のキーワード

この記事のライター

鶴井敬子 鶴井敬子

セミナー・イベント

プレスリリース