2016年12月18日 更新

こんなにもある! 「在宅勤務」の落とし穴、注意点を総括!

近年、さまざまな企業が「在宅勤務」を導入している。安倍内閣は「働き方改革」を推進しており、「在宅勤務」のようなオフィス外で働くケースは徐々に増えてくるだろう。この記事を読んでいる方のなかには、育児や介護に直面し「在宅勤務」を検討している人もいるかもしれない。この記事では「在宅勤務」を選ぶ際の注意点について解説する。

画像素材 - PIXTA(ピクスタ)

自律性が求められることをまずは認識する

「在宅勤務」は言うまでもなく自律性が求められる。自分でスケジュール管理、工程管理を行う必要があることは十分に理解したほうがよい。

これまで会社員として上司の管理下で働いてきた人は、「在宅勤務」になると自由さだけでなく自己管理の難しさも同時に実感することになるだろう。

「在宅勤務」を導入している企業では、社員の自律性を重んじているわけだが、多くのトラブルを経験していることも忘れてはならない。

「家庭」と「仕事」をキッチリと分ける

自宅で働くということは、家庭と仕事の境界がなくなる可能性をはらんでいる。会社に行けば否応なく仕事のスイッチが入るが、家庭ではついついダラけてしまう。

ダイニングで仕事をしようとしても、集中力を維持することは大変難しい。というのも、ダイニングは基本的に食事をする場所だからだ。

「在宅勤務」を希望するなら、ぜひ仕事部屋をつくろう。家庭と仕事を切り離すことで、メリハリのある生活を送ることができる。

誰も見ていないからといってだらしない服装はNG!

自宅で過ごしているからといってだらしない服装を決してしてはいけない。仕事中は、スーツなどの正装とはいかないまでもある程度フォーマルな服装でいるべきだ。

というのも、服は家庭と仕事を切り替えるスイッチの役割を果たすからだ。寝間着のまま仕事をしても、眠気が優位になり、集中することが難しい。仕事着は思った以上に重要なので、自分に合ったものをぜひ検討してほしい。

規則正しい生活を心がける

たとえ無遅刻無欠勤の人であっても「在宅勤務」になった途端、生活が乱れることもある。これまで就業時間というある種の“縛り”があったからこそ規則正しい生活を送れていたのである。

「在宅勤務」をしたいのなら、この“縛り”を自分自身で設定しよう。できれば、会社の就業時間中は仕事に集中するよう心がけたい。朝7時に起床している人は、たとえ「在宅勤務」になり、通勤時間がなくなったとしてもベッドに長時間こもっていてはいけない。同時刻に起床するよう努力しよう。自由に働く時間を決められるからといって、昼夜逆転生活を送るなど論外だ。

「在宅勤務」だからこそ仕事の質が重要視されると心得る

「在宅勤務」をしている会社員が増えているとはいえ、未だに少数派に留まっている。やはり、世間的に見れば、まだまだ特殊な就業形態と言っていいだろう。そのため、「在宅勤務」の意義が十分に理解されていない企業の場合、同僚からの心証がよくないケースもあり、注意が必要だ。

だからこそ、仕事の質、アウトプットを高めるべきだ。質の高い仕事をしていれば、たとえ「在宅勤務」をしていても文句を言ってくる同僚はいないだろう。

しかし、逆の場合は別だ。仕事の質が低くなってしまった場合は、「在宅勤務しているからだ」などと陰口をたたかれ、評価が落ちる恐れもある。

スマフォ、マンガ本など誘惑物を遠ざける

スマフォやマンガ本など仕事に関係のないものはデスクから遠ざけよう。こうした誘惑物があると、仕事効率が著しく悪化する。

「在宅勤務」では、管理者がいないことから、長時間休憩を取りがちだ。スマフォでゲームなどはもってのほか。「別の部屋に置く」「仕事が終わるまで鍵のかかった引き出しに入れる」などの工夫をしたい。また、フェイスブックやツイッターなどのSNSもやりすぎ注意。

上司や同僚とのコミュニケーションが難しい

「在宅勤務」の場合、メールや電話などでコミュニケーションを取りながら働くことになる。このような通信ツールが発達してきたからこそ、「在宅勤務」が可能になっているのだが、思わぬ落とし穴がある。

メールを送ったものの、その内容が適切に伝わっていなかったという経験をしたことがある人もいるだろう。対面で相手の顔を見ながら説明したほうがうまく伝わるケースもあるが、「在宅勤務」の場合、出社しなければそれも叶わない。

チームワークが求められる仕事を「在宅勤務」で手がける場合は、週に1度出社してミーティングの時間を設けるなど意識してコミュニケーションを取る時間を作ったほうが無難だ。
17 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

すかいらーく 職場環境の改善のため深夜営業を行う8割の店舗で営業時間を短縮

すかいらーく 職場環境の改善のため深夜営業を行う8割の店舗で営業時間を短縮

 すかいらーく(東京・武蔵野、谷真社長)は、深夜時間帯に営業を行っている店舗の約8割を対象に営業時間短縮を実施し、従業員の職場環境を改善する。
「働き方改革」で時間や場所に関係なく働ける環境は整うか

「働き方改革」で時間や場所に関係なく働ける環境は整うか

 経営者・従業員ともに能動的な働き方を理想的としながらも、テレワークの導入企業はまだ少なく、「働き方改革」で時間や場所に関係なく働ける環境の整備はこれからであるという実態が、NTTコミュニケーションズの「経営者と従業員の働き方に関する意識調査」で明らかになった。
グローリー 社内保育所を開設、顔認証システムで送迎者の来訪を保育所内へ通知

グローリー 社内保育所を開設、顔認証システムで送迎者の来訪を保育所内へ通知

 通貨関連機器の開発・製造などを手掛けるグローリー(兵庫・姫路、尾上広和社長)は本社構内に社内保育所「Gキッズホーム」を開設した。
三井住友海上火災保険 在宅勤務の拡充やテレワーク導入で働き方改革を推進

三井住友海上火災保険 在宅勤務の拡充やテレワーク導入で働き方改革を推進

 三井住友海上火災保険(東京・千代田、原典之社長)では“働き方改革”の一環として、“在宅勤務”の拡充や働く時間や場所を限定しない“テレワーク”の導入を開始した。
安倍内閣の「働き方改革」で外国人労働者が激増する?

安倍内閣の「働き方改革」で外国人労働者が激増する?

2016年10月21日の衆院法務委員会において、介護現場への外国人の受け入れ拡大に向けた法案が可決された。安倍内閣の「働き方改革」の1つに「外国人労働者の受け入れ促進」があるが、その象徴的な動きと言えるだろう。この記事では、その現状と課題について解説する。

この記事のキーワード

この記事のライター

楠山拓己 楠山拓己

セミナー・イベント

プレスリリース