2016年12月28日 更新

7割の人が感じている「疲れ目」、その原因は主に3つ

 「疲れ目」を感じている人は7割にも上っていることがトレンド総研の「目の悩み」に関する調査で明らかとなった。原因は人によってさまざまだが、眼科医によれば主にパソコンやスマートフォンによる目の酷使、目の乾燥、加齢などがあげられるという。

 現在、目の悩みが「ある」と回答した人は71%に上った。具体的には「疲れ目」(71%)と「かすみ目」(39%)が上位を占めた。

【目の悩み トップ5】
1位 疲れ目 71%
2位 かすみ目 39%
3位 かゆみ 24%
4位 充血 16%
5位 異物感 14%

 疲れ目を自覚している人(303人)に具体的な症状を聞くと、「目がショボショボする」(76%)という回答が最も多くあがった一方で、「目の奥が重いと感じる」(32%)、「目がゴロゴロする」(23%)という声もみられた。

 かすみ目を自覚している人(169人)に症状を聞くと、「ピントがあわないと感じる」(81%)のほか、「視界の一部がぼやけて見える」(29%)、「目やにが多く、見えづらいと感じる」(21%)などとなった。

 疲れ目・かすみ目の対処法を聞くと、疲れ目・かすみ目ともに「目薬をさす」が最多となった(疲れ目65%、かすみ目56%)。

 また、「目薬をさす」と答えた人に目薬選びについて聞くと、「症状や原因に応じて適切な目薬を選ぶべきだと思う」という人が85%となった。

 一方、「症状や原因にあった目薬を正しく選んでいる自信がある」と答えた人は40%にとどまった。さらに、「目薬はどれを選んでも同じだと思う」と考える人も、20%と5人に1人に上った。

 眼科医の大島由莉先生によると、実際に診療をしていても、目の疲れやかすみを訴える人は増えている印象があるという。そして、同じ疲れ目・かすみ目でも、その原因は人によってさまざまだ。

 特に原因として当てはまるケースが多いのが次の3つ。
・パソコンやスマートフォンによる目の酷使
・目の乾燥や、それに伴う角膜ダメージ
・加齢による変化

 大島先生によれば、目の疲れやかすみを感じた時に「目薬」を使う場合には、症状・原因にあった成分を含む目薬を選ぶことが重要だという。

 「医薬品である目薬には、パッケージに具体的な効果・効能が記載されているので、自分が気になる症状や思いあたる原因にあわせて、目薬を選ぶことをおすすめする」とアドバイスしている。

 調査は、2016年11月18日~22日、20~70代の男女600人を対象にインターネットで実施した。(年代・性別 均等割付)
2 件
AXIS記事下バナー

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

すかいらーく 職場環境の改善のため深夜営業を行う8割の店舗で営業時間を短縮

すかいらーく 職場環境の改善のため深夜営業を行う8割の店舗で営業時間を短縮

 すかいらーく(東京・武蔵野、谷真社長)は、深夜時間帯に営業を行っている店舗の約8割を対象に営業時間短縮を実施し、従業員の職場環境を改善する。
活力維持の秘訣は朝にあり!朝活ランニングを始めてみませんか?

活力維持の秘訣は朝にあり!朝活ランニングを始めてみませんか?

出勤前の大事なひと時、皆様どのように過ごされていますか?朝のこの時間を有効活用したい人におすすめなのが「朝活ランニング」です!お金もかからず気軽に始められるこの朝活、実は凄いメリットが!?今、各メディアで話題の朝活ランニングの魅力をご紹介します。
【運動不足を解消】デスクワーク中も簡単トレーニング3選

【運動不足を解消】デスクワーク中も簡単トレーニング3選

運動不足と言われても運動する時間も場所も無いという人も多いですよね。ここでは、デスクワーク中でもできる簡単トレーニング3つをお教えします。このトレーニングは場所を取らないばかりでなく、3分で出来てしまう優れものです!ぜひお試しください!

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

プレスリリース