2017年8月14日 更新

【社内外】メールテンプレート『企画書編』

ビジネスシーンでは、新しいプロジェクトを始める際には、必ずといっていいほど企画書を作成します。その企画書を元に検討を重ねるためる、社内外の関係者すべてに企画書を配布しなければなれません。では、企画書を送付するときのメールの書きかたには、どんなマナーがあるのでしょうか。

企画書送付メールとは?

企画書とは、なにかプロジェクトを始めるに当たって、関連資料などをまとめて作るものです。

自分が思いついたアイデアを「こういった形でプロジェクトにしたらどうでしょうか?」と提案する場合もありますが、どちらかといえば「こんなプロジェクトを行いたいので、素案を作ってほしい」とのオーダーを受けて作るケースがほとんどではないでしょうか。

つまり、相手はあなたから企画書が送られてくるのを待っている状態といえます。そのため本文には、企画書を送る旨だけを明記しておけば大丈夫です。

ただし、「よろしくお願いします」といったあいまいな件名は、迷惑メールと間違われてしまう元。内容が一目で分かるよう、「□□□□の企画書をお送りします」「□□□□企画について」のように明記しましょう。

企画書送付メールの注意点

以前は企画書といえば、紙に印刷したものがほとんどでした。そのため、クライアントに向けては企画書を郵送すると同時に、電話やメールで「送付しました」と一報をいれるというのがマナーとされてきました。

現在では、情報共有のしやすさや即時性から、パソコンで作った企画書のデータファイルを、メールに添付して送るというスタイルが主流となっています。

ただ、手軽に送れるようになった分、セキュリティには十分注意しなければいけません。新企画の内容が同業他社に漏れてしまうと、大問題になってしまうこともあります。

また、企画書をメールに添付する場合には、事前に送り先に対して添付ファイルで送る旨を伝えておくのがマナーです。環境によってはファイルが開けないこともあるので、ファイル形式についても確認しておく必要があります。

大量の画像や動画を含んだ企画書は、ファイルサイズが大きくなります。7メガバイトを超えるサイズのファイルを送る場合には、ファイル転送サービスを利用するようにしましょう。

なかには、ダウンロード案内のメールを発信できるファイル転送サービスもありますが、場合によってはその案内が迷惑メールに分類されてしまうことも。確実に相手に届けるためにも、ダウンロードURLを記入したメールを書き起こす、ファイル転送サービスを利用した旨を伝えておくといった配慮が必要です。

状況パターン別の企画書送付メールの文例をいくつかあげておきますので、参考にしてみてください。

社内向けに企画書を送付する時のメール

件名:□□□□キャンペーンについて

□□□□営業部長

お疲れ様です。
営業1課の尾洲です。

○月○日の連絡会議で議題となりました
□□□□キャンペーンについての企画書を
添付しましたのでご確認ください。

次回の会議ではこの企画書を元に
詳細についての打合せをお願いしたいと思っております。

何卒よろしくお願いいたします。

====================
 営業部 営業1課
 尾洲降夫
 内線 999
====================

社外向け企画書のチェックを依頼するメール

件名:□□□□社の□□□□キャンペーンについて

□□□□営業部長

お疲れ様です。
営業1課の尾洲です。

先日ご依頼のありました
□□□□社の□□□□キャンペーンについての
企画書を作成いたしましたのでお送りします。

○月○日の打ち合わせでのご意見を踏まえて、
××××についても加えた形で企画しております。
漏れなどがないか、ご確認いただけますでしょうか。

問題がないようでしたら、
これで先方にお送りしたいと思っております。

ご検討のほど、何卒よろしくお願いいたします。

====================
 営業部 営業1課
 尾洲降夫
 内線 999
====================

取引先に企画書を送る場合のメール

件名:□□□□キャンペーンの企画書をお送りします

□□□□株式会社 営業部
□□□□様

平素より大変お世話になっております。
株式会社ビズフル 営業部の尾洲降夫です。

このたびは
□□□□キャンペーンについてのお話をいただき
誠にありがとうございました。

早速、前回のお打ち合わせの内容を盛り込んだ
企画書を作成いたしましたのでお送りします。
ご確認ください。

--------------------
添付ファイル:□□□□キャンペーン企画書
       (PDFファイル/全16ページ)
--------------------

キャンペーン内容につきまして
ご不明な点などございましたら、
お電話またはメールにてご連絡ください。

詳しい進行スケジュールに関しましては、
次回のお打ち合わせでご相談できましたら幸いです。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

========================================
 尾洲 降夫  bizfull@bizfull.net
 株式会社ビズフル 営業部 営業1課
 〒999-9999
 東京都××区××町9-9-99 ××ビル9F
 tel 03-9999-9999 fax 03-9999-9999
========================================
22 件
AXIS記事下バナー

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【社外】メールテンプレート『確認編』

【社外】メールテンプレート『確認編』

仕事の内容によっては、クライアントと顔を合わせることなく、メールのみでやりとりすることも多くなってきました。しかし同時に、相手のミスを指摘したり、再度確認を求めたりしなければならないことも増えてきています。そんな時、失礼のないメールを送っていますか?
【社内外】メールテンプレート『提案編』

【社内外】メールテンプレート『提案編』

仕事でなにか問題点や改善点を発見した時、それを指摘するだけでは半人前。「こうしたらどうか」という改善の提案ができてこそ、一人前のビジネスパーソンといえます。しかし提案のしかたによっては、相手の気分を損ねてしまうことも。そこで提案メールのポイントについて考えてみましょう。
【社内】メールテンプレート『請求編』

【社内】メールテンプレート『請求編』

仕事をしていると、とにかく取引先に迷惑をかけないようにと気にするあまり、つい社内業務や事務が後回しになってしまうことも。事前に依頼した期限を過ぎても、作業が滞っていた時は、当然請求しなければいけません。 でも、請求のしかたによっては相手の気分を害してしまうことがあります。
【社外】メールテンプレート『催促編』

【社外】メールテンプレート『催促編』

頼んでおいた書類や製品が届かない、代金の振り込みがないといった場合には、取引先に催促をしなければなりません。しかし、催促メールで取引先の機嫌を損ねてしまったら、トラブルが長引いてしまうことも。改めて催促メールで気をつけるべき点を考えてみましょう。
【社内】メールテンプレート『お詫び編』

【社内】メールテンプレート『お詫び編』

仕事でトラブルが起きてしまった時には、上司や同僚など社内の関係者にお詫びをするとともに、状況を報告しなければいけません。お詫びと報告がなされていないと、上司や同僚からのフォローが期待できなくなってしまいます。ではトラブルの際のお詫びメールとは、どう書けばいいものなのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のライター

浜田望生 浜田望生

プレスリリース