2017年8月14日 更新

【社外】メールテンプレート『接待編』

仕事では、接待も重要な営業テクニックのひとつ。時には取引先から招かれることもうりますし、反対にお客様を招いてもてなすこともあります。どちらの場合にも、宴席の後にはお礼のメールを送っておくのがビジネスでのマナー。では、お礼のメールにはどんなことを書けばいいのでしょうか。

接待した側からのお礼メールの文例(1)

件名:ご足労の御礼

○○○○株式会社
□□◇◇様

時下、ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。

昨日はなにかとご多用のところ、お時間を頂戴し、
誠に感謝の至りに存じます。
そればかりか
□□様の貴重な体験談を拝聴でき
大変勉強になりました。

不行き届きな点もありましたかと思いますが、
ご容赦いただければ幸いです。

今後とも
□□様のご期待に添えるよう
精進してまいります所存です。
ご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

猛暑厳しき折、
□□様をはじめ皆様の一層のご健勝をお祈りいたします。
略儀ながら取り急ぎ、メールにて御礼申し上げます。

========================================
 尾洲 降夫  bizfull@bizfull.net
 株式会社ビズフル 営業部 営業1課
 〒999-9999
 東京都××区××町9-9-99 ××ビル9F
 tel 03-9999-9999 fax 03-9999-9999
========================================

接待した側からのお礼メールの文例(2)

件名:昨日はご足労いただきありがとうございました

○○○○株式会社
□□◇◇様

平素より大変お世話になっております。
株式会社ビズフル 営業部の尾洲降夫です。

昨日はお忙しい中ご足労くださり、
誠にありがとうございました。
普段はお伺いすることのないお話も拝聴でき
大変参考になりました。
またなにかご意見などありましたら、
ぜひお聞かせください。

いろいろと不行き届きな点もあったかと思いますが、
ご容赦いただければ幸いです。

今後とも末永くお付き合いいただけますよう、
改めましてよろしくお願い申し上げます。

ありがとうございました。

========================================
 尾洲 降夫  bizfull@bizfull.net
 株式会社ビズフル 営業部 営業1課
 〒999-9999
 東京都××区××町9-9-99 ××ビル9F
 tel 03-9999-9999 fax 03-9999-9999
========================================

接待のお礼メールが届いたら

接待後に相手からのお礼メールが届いた場合、できれば「お礼メールを送ってくれたこと」に対する返礼のメールをしておきましょう。必ずしも必要ではありませんが、一言伝えておくと相手の印象も違います。

かといって、お礼メールのお礼のメールのお礼……といったように送り合っていては、いつまでたってもメールのやりとりが終わりません。ですから、返礼メールは返信の必要がないよう、ごく簡単にしておきましょう。


件名:Re:ご招待の御礼

○○○○株式会社
□□◇◇様

いつもお世話になっております。
株式会社ビズフル 営業部の尾洲降夫です。

お忙しい中、ご丁寧なメールをありがとうございます。
今後とも、何卒よろしくお願いいたします。

========================================
 尾洲 降夫  bizfull@bizfull.net
 株式会社ビズフル 営業部 営業1課
 〒999-9999
 東京都××区××町9-9-99 ××ビル9F
 tel 03-9999-9999 fax 03-9999-9999
========================================

書いたメールはいったん「送信トレイ」に置いて確認!

無料の写真: アップル, Iphone, スマート フォン, 技術, 携帯電話 - Pixabayの無料画像 - 1281744

お礼メールを書き終え、すぐに送信するのは禁物です。いったん送信トレイに置いて読み返してみましょう。
送信トレイに置くことで、客観的にメールを見直すことができますよ。
もしも送信後に間違いがあったら「お礼」どころか「失礼」になりかねません。念には念を入れて見直してみてくださいね。
なお見直しの際は、以下の項目に着目してみてください。

・誤字、脱字はないか。
・要点が明確か。
・読み手に伝わる文章か。
・改行の場所がおかしくないか。
・書き忘れたことはないか。

特に相手の氏名や会社名は間違えないよう、重ねて確認するようにしてくださいね。

おすすめの記事はこちら

【社外】メールテンプレート『確認編』

【社外】メールテンプレート『確認編』
この記事では、最近の、クライアントと顔を合わせることなくメールのみでやりとりすることも多くなるなかでの、失礼のないメールの送り方をご紹介します◎

プライベートとビジネスの食事会のメリハリをつけよう!

プライベートとビジネスの食事会のメリハリをつけよう!
社会人になり、上司や同僚などと食事に行く機会が増えてくるなかで、この記事では、ビジネスの食事会とプライベートの食事会の違いなどをご紹介します◎
31 件
AXIS記事下バナー

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【社内外】メールテンプレート『企画書編』

【社内外】メールテンプレート『企画書編』

ビジネスシーンでは、新しいプロジェクトを始める際には、必ずといっていいほど企画書を作成します。その企画書を元に検討を重ねるためる、社内外の関係者すべてに企画書を配布しなければなれません。では、企画書を送付するときのメールの書きかたには、どんなマナーがあるのでしょうか。
【社外】メールテンプレート『確認編』

【社外】メールテンプレート『確認編』

仕事の内容によっては、クライアントと顔を合わせることなく、メールのみでやりとりすることも多くなってきました。しかし同時に、相手のミスを指摘したり、再度確認を求めたりしなければならないことも増えてきています。そんな時、失礼のないメールを送っていますか?
【社内外】メールテンプレート『提案編』

【社内外】メールテンプレート『提案編』

仕事でなにか問題点や改善点を発見した時、それを指摘するだけでは半人前。「こうしたらどうか」という改善の提案ができてこそ、一人前のビジネスパーソンといえます。しかし提案のしかたによっては、相手の気分を損ねてしまうことも。そこで提案メールのポイントについて考えてみましょう。
【社内】メールテンプレート『請求編』

【社内】メールテンプレート『請求編』

仕事をしていると、とにかく取引先に迷惑をかけないようにと気にするあまり、つい社内業務や事務が後回しになってしまうことも。事前に依頼した期限を過ぎても、作業が滞っていた時は、当然請求しなければいけません。 でも、請求のしかたによっては相手の気分を害してしまうことがあります。
【社外】メールテンプレート『催促編』

【社外】メールテンプレート『催促編』

頼んでおいた書類や製品が届かない、代金の振り込みがないといった場合には、取引先に催促をしなければなりません。しかし、催促メールで取引先の機嫌を損ねてしまったら、トラブルが長引いてしまうことも。改めて催促メールで気をつけるべき点を考えてみましょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

浜田望生 浜田望生

プレスリリース