2017年8月14日 更新

【社外】メールテンプレート『接待編』

仕事では、接待も重要な営業テクニックのひとつ。時には取引先から招かれることもうりますし、反対にお客様を招いてもてなすこともあります。どちらの場合にも、宴席の後にはお礼のメールを送っておくのがビジネスでのマナー。では、お礼のメールにはどんなことを書けばいいのでしょうか。

【社内外】メールテンプレート『提案編』

【社内外】メールテンプレート『提案編』
仕事でなにか問題点や改善点を発見した時、改善の提案ができてこそ、一人前です。この記事では、提案メールのポイントをご紹介します◎
31 件
AXIS記事下バナー

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【社内外】メールテンプレート『企画書編』

【社内外】メールテンプレート『企画書編』

ビジネスシーンでは、新しいプロジェクトを始める際には、必ずといっていいほど企画書を作成します。その企画書を元に検討を重ねるためる、社内外の関係者すべてに企画書を配布しなければなれません。では、企画書を送付するときのメールの書きかたには、どんなマナーがあるのでしょうか。
【社外】メールテンプレート『確認編』

【社外】メールテンプレート『確認編』

仕事の内容によっては、クライアントと顔を合わせることなく、メールのみでやりとりすることも多くなってきました。しかし同時に、相手のミスを指摘したり、再度確認を求めたりしなければならないことも増えてきています。そんな時、失礼のないメールを送っていますか?
【社内外】メールテンプレート『提案編』

【社内外】メールテンプレート『提案編』

仕事でなにか問題点や改善点を発見した時、それを指摘するだけでは半人前。「こうしたらどうか」という改善の提案ができてこそ、一人前のビジネスパーソンといえます。しかし提案のしかたによっては、相手の気分を損ねてしまうことも。そこで提案メールのポイントについて考えてみましょう。
【社内】メールテンプレート『請求編』

【社内】メールテンプレート『請求編』

仕事をしていると、とにかく取引先に迷惑をかけないようにと気にするあまり、つい社内業務や事務が後回しになってしまうことも。事前に依頼した期限を過ぎても、作業が滞っていた時は、当然請求しなければいけません。 でも、請求のしかたによっては相手の気分を害してしまうことがあります。
【社外】メールテンプレート『催促編』

【社外】メールテンプレート『催促編』

頼んでおいた書類や製品が届かない、代金の振り込みがないといった場合には、取引先に催促をしなければなりません。しかし、催促メールで取引先の機嫌を損ねてしまったら、トラブルが長引いてしまうことも。改めて催促メールで気をつけるべき点を考えてみましょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

浜田望生 浜田望生

プレスリリース