2016年12月27日 更新

GMOペイメントゲートウェイ、入社時期を年2回から選べる通年ポテンシャル採用を導入

 GMOインターネットグループで決済関連サービスや金融関連サービスを手掛けるGMOペイメントゲートウェイ(東京・渋谷、相浦一成社長)は、4月と10月の2回から入社時期を選べる「通年ポテンシャル採用」を導入する。

 「通年ポテンシャル採用」は、新卒採用の入社時期を4月と10月の2回から選べるため、海外の大学をはじめとする9月卒業の学生や、既卒、第二新卒として入社を希望する人が4月まで入社を待たずに効率的に就職することが可能となる。

 2017年度の新卒採用から導入され、応募受付は2016年12月15日から開始される。

 GMOペイメントゲートウェイでは将来を担う新卒新入社員の採用・教育に力を入れており、これまでに学歴・性別・国籍を問わず多くの新卒新入社員を迎え入れ、20代で事業責任者やグループ会社の執行役員に抜擢するなど若い力を伸ばす取り組みを続けている。

 今回の制度導入もポテンシャルの高い多様な人財を迎え入れるためとしており、9月卒業者や既卒者、第二新卒者も積極的に採用する計画だ。

【通年ポテンシャル採用 概要】
応募資格:大学院・大学・短大・高専・専門学校卒業見込み
もしくは卒業後2年未満の既卒者
(全学部全学科対象)
募集職種:法人営業職、システムエンジニア職、企画職
入社時期:年2回(4月と10月)
2 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2018年卒の大学生 就活は「やや厳しくなる」と考えつつも狙うは「大手企業」

2018年卒の大学生 就活は「やや厳しくなる」と考えつつも狙うは「大手企業」

 2018年卒の大学生の就職活動は「やや厳しくなる」と考えている学生が7割に迫り、前年より増加していることが就職情報サービスのディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の調査で明らかとなった。大手企業の内定獲得を目指す学生は前年同様、約半数に上っている。
ビジネスにおける“ホラーストーリー”とは

ビジネスにおける“ホラーストーリー”とは

みなさんは「ホラーストーリー」と言われて、何を連想するでしょうか。多分、真っ先に思いつくのは、恐怖映画やドラマなどの架空のストーリーでしょう。でも実は、ビジネスシーンにもホラーストーリーと呼ばれる手法があるのです。
経理に転職するために有利な資格とは?

経理に転職するために有利な資格とは?

経理の仕事には簿記や法律の知識が必要な仕事のため、一般事務に比べて平均給与も高め。それだけに経理職に就きたいという人も多く、就職戦線では狭き門になっています。経理職を目指すに当たって、どんな資格を持っていたら有利になるのでしょうか。
未経験から経理職になるには

未経験から経理職になるには

どんな会社であっても、金銭を扱う限り絶対に必要になる職種が経理。反対に言えば、経理のスキルや経験があれば、どんな企業にもアピールできるということです。しかし、経理職に就くためには、いったいどうしたらいいのでしょうか。
東京都、オリンピックに向け任期付き職員100人を募集

東京都、オリンピックに向け任期付き職員100人を募集

 東京都では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向けて一時的に業務量が増加しているため、任期付職員100人を募集する。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

セミナー・イベント

プレスリリース