2017年11月2日 更新

在宅勤務の拡充やテレワーク導入で働き方改革を推進 三井住友海上火災保険

 三井住友海上火災保険(東京・千代田、原典之社長)では“働き方改革”の一環として、“在宅勤務”の拡充や働く時間や場所を限定しない“テレワーク”の導入を開始した。

 「働き方改革」は社員一人一人の事情に配慮した職場環境を整備することで、多様で柔軟な働き方を推進するもの。

 新設された“在宅勤務(パイロット)”制度では、対象社員の制限を廃止し、時間給社員を除く全社員が在宅勤務制度を利用できるようになった。

 また、利用日数も週1日から週2日に拡大し週3日以上の利用も可能となっている。業務開始時・終了時のルールを明確化するなど、活用しやすく変更もされている。

 2017年度以降に運用予定の“フレックス制度”では、従来、必ず勤務しなければならない「コアタイム」(11時~14時の時間帯)を設定していたが、在宅勤務を利用する場合にはコアタイムを適用しない「コアなしフレックス制度」の導入を検討している。

 “テレワーク(モバイルワーク)”制度では、営業部門や保険金支払い部門を含むすべての部門の社員を対象に、社外でも社内と同様のセキュリティレベルを保てるパソコン機器を配備。

 働く時間・場所を限定することなく、社員一人一人の事情に合わせた、生産性向上につながる多様な働き方を推進する。

 同時に、業務効率化による生産性の向上にも取り組み“働き方改革”を進める。会議の時間・回数の削減、AI(人工知能)をはじめとする最先端技術を活用した業務効率化などを通じて、総労働時間の短縮を図り、さらなる生産性向上と競争力強化を実現するとした。

 さらに2017年度以降には、育児休業中の社員の職場復帰を支援するためのワークシェアリング制度の導入等も予定している。

おすすめの関連記事はこちら

「テレワーク・在宅勤務」の導入で私たちの生活はどう変わる?

「テレワーク・在宅勤務」の導入で私たちの生活はどう変わる?
テレワーク・在宅勤務が目指している先とはどんなものなのか? テレワークを導入している企業や、メリット・デメリットなどをご紹介いたします。

テレワークは理想的な制度か?在宅勤務のメリットとデメリット

テレワークは理想的な制度か?在宅勤務のメリットとデメリット
在宅勤務やテレワークの働き方が徐々に増している中で、自分の実生活と照らし合わせてテレワークが働きやすい環境なのかを見極めてみましょう。

こんなにもある! 「在宅勤務」の落とし穴、注意点を総括!

こんなにもある! 「在宅勤務」の落とし穴、注意点を総括!
これから上手に在宅勤務をこなしていきたい、または今こなしたい人におすすめの「心得」を紹介いたします。
6 件
AXIS記事下バナー

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「テレワーク・在宅勤務」の導入で私たちの生活はどう変わる?

「テレワーク・在宅勤務」の導入で私たちの生活はどう変わる?

安倍総理が掲げる「働き方改革」。「働き方改革」は、国民全員が活躍できる社会である「一億総活躍社会」の実現に欠かせないもの。この記事では、「働き方改革」の重要なテーマのひとつである「テレワーク・在宅勤務の促進」について解説する。
テレワークは理想的な制度か?在宅勤務のメリットとデメリット

テレワークは理想的な制度か?在宅勤務のメリットとデメリット

近年、在宅勤務などテレワークを導入する企業が増えている。政府の「働き方改革実行計画」でも柔軟な働き方としてテレワークの普及を加速させていくことを掲げている。
「働き方改革」で時間や場所に関係なく働ける環境は整うか

「働き方改革」で時間や場所に関係なく働ける環境は整うか

 経営者・従業員ともに能動的な働き方を理想的としながらも、テレワークの導入企業はまだ少なく、「働き方改革」で時間や場所に関係なく働ける環境の整備はこれからであるという実態が、NTTコミュニケーションズの「経営者と従業員の働き方に関する意識調査」で明らかになった。
こんなにもある! 「在宅勤務」の落とし穴、注意点を総括!

こんなにもある! 「在宅勤務」の落とし穴、注意点を総括!

近年、さまざまな企業が「在宅勤務」を導入している。安倍内閣は「働き方改革」を推進しており、「在宅勤務」のようなオフィス外で働くケースは徐々に増えてくるだろう。この記事を読んでいる方のなかには、育児や介護に直面し「在宅勤務」を検討している人もいるかもしれない。この記事では「在宅勤務」を選ぶ際の注意点について解説する。
“在宅勤務制度”と残業の抑制で働き方改革を推進 ユニ・チャーム

“在宅勤務制度”と残業の抑制で働き方改革を推進 ユニ・チャーム

 ユニ・チャーム(東京・港、高原豪久社長)は、働き方改革の一環として「働き方改革推進室」を新設し、全社員を対象とした「在宅勤務制度」と“ダラダラ残業”を減らすための「インターバル勤務制度」を2017年1月に導入する。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

プレスリリース