2016年9月16日 更新

今話題のビジネスアイテム!SONYのスマートウォッチ“wena wrist”

スマホのアプリとして、電子マネーやダイエットにも役立つ活動量計もスマホは大活躍です。でも、そんな便利なスマホもビジネスシーンでは鞄の中にあって有効に活躍できないことも。そこで、腕時計のバンドにこれら便利な機能がついたSONYのスマートウォッチをご紹介します。

腕時計は欠かせないビジネスアイテムの一つ

最近のスマホは、時計、お財布、活動計、読書、ゲーム、目覚まし、音楽etc。スマホ1台で何でもできてしまいそうです。

そのせいか、最近の学生さんは、腕時計をしない人も増えたそうです。

職種によっては例外もありますので一概には言えませんが、ビジネスシーンではスマホを鞄の中にしまっておかなければならない場合も多いでしょう。

たとえば、一般的に商談や会議などの場面で頻繁に携帯やスマホを見るのはタブーです。

また、社内だとしても会議中はマナーモード、たとえ時間を見るためだとしてもスマホを見るのがタブーなシーンは多々あります。

つまり、周囲に悟られること無く時間を知る最も便利なビジネスアイテムは、やはり腕時計です。

しかし、ビジネスシーンには、それに見合った身なりが求められます。

一般的にビジネスシーンでは、第一印象は外見で決まりますので、たとえ腕時計であっても、カジュアルすぎるものや派手過ぎるものはおすすめできません。

ましてや20代30代の年齢で、高価過ぎる腕時計もおすすめできません。とくに年配の商談相手よりも高い腕時計は目立ちます。

反対に、収入に不相応な安っぽい腕時計を身につけていると、いくら他に身につけているものが良くても残念な印象を与えてしまいます。

余談ですが、腕時計を見るとそれを身につけている男性のセンスや個性、経済力、性格まで判断される要因にされてしまうこともあります。

職種によって服装は様々ですが、ビジネスシーンに似合うフォーマルな腕時計を選ぶのがおすすめです。

今注目のスマートウォッチ

ウェアラブルコンピュータとして、スマートウォッチが発売されています。

スマートウォッチとは腕時計のように手首に巻いて使う電子デバイスのことです。
時計としての機能はもちろん、スマホと連動していろいろなことができます。

例えば、スマホに送られてきたメールや着信のチェック、スケジュールや天気など必要な情報を見ることもきます。

最近ではスマホの画面が大きくなり、鞄にスマホを入れている人も多いので、仕事用の携帯の場合、情報や連絡を逃さないために、頻繁にスマホの着信を確認する必要があります。

鞄からいちいち出して確認するのは面倒です。急いでいるときは確認が疎かになって失敗することもあります。

そんな心配が、スマートウォッチの出現で一気に解決です。

発売当初大きな注目を浴びましたが、機能面は魅力的ですが、その反面、重差や大きさ、デザイン性の問題で、普及するまでにはまだまだ課題を残した状態だともいえます。

支援から生まれたスマートウォッチ

wena wrist | First Flight

wena wrist | First Flight
SONYの公式サイトの中に“First Flight”があります。

“First Flight”とは新しい価値を提供したい人に対して、共感したサポーターが支援を行い実現させていく事を目的としてつくられたサイトです。

この“First Flight”の中で生まれた、“wena wrist”の企画は、サイト内で支援金を募集したSONY若手社員のプロジェクトです。

その結果、なんと国内初の1億円以上の支援金を集めた画期的なプロジェクトとなりました。

“wena wrist”が注目されている理由は、そのデザインにあります。
“wena wrist”は時計部分をシチズンが設計した見た目は完全なアナログ時計です。

シンプルなアナログ時計のデザインなので、どんなビジネスシーンにおいても違和感なく使うことができます。

時計部分が液晶ディスプレイではなくアナログなので、スマホ関連機能(バッテリーや電子マネー機能etc)は腕時計のバンド部分に集約されています。

“wena wrist”のスマホ機能は、バンド部分に集約するために、スマホの中でも最も活躍するメールや着信を知らせる通知機能、お財布(電子マネー“FeliCa”)機能、ログ機能(活動計他ライフログの一部)の3つに絞りました。

しかも、自分に必要な機能だけ使うこともできます。
スマホと連動した通常モードの他に、電子マネー機能とログ機能だけを使う単体モード、電子マネー機能のみのおやすみモードと、3つのモードを選択できます。

さらに、アナログ時計の電池とスマホ機能のバッテリーが切り離されていますので、他のスマートウォッチのようにバッテリー切れの時でも時計の機能が失われない優れものです。

スマートウォッチとしては課題も山積み?

とても便利なように感じる“wena wrist”ですが、まだまだ課題が残っているのも事実です。

実は、“wena wrist”のお財布携帯(“FeliCa”)は、iOSのみでしか登録や解除ができず、Suicaにも対応していません。
このように残念なところもたくさんあります。

しかし、“FeliCa”に対応できないAndroid使用の方のために対応策もしっかりと考えられています。

有料ではありますが、ソニーのオンラインショップで「楽天Edy初期設定済み」の商品を購入することができるのです。

でも、使い慣れたお財布携帯を使うことができない不便さや有料でしか対応できないことに、不満の声が多いのも事実です。
今後対応されることに期待するしかありません。

お財布携帯部分だけで無く、通知機能についても課題が残されています。
ウェアラブル部分がベルト部にあるのですが、デジタル表示ではなく、LEDの光の色で区別する程度です。

ビジネスシーンには、多くの取引先の中から、誰からの通知であるかの識別が重要ですから、色だけではデジタル表記にはとうてい及びません。

しかし、譲れない画期的な長所もあることを忘れないで下さい。
それは、アナログ時計としての機能を損なわないさりげない仕様です。
ビジネスシーンには重要なことです。

確かに「通知機能は歩数、消費カロリー、移動距離と3種類だけ」とマイナスにとらえることもできます。

でも、現実問題おしてバンドの面積は狭いので、そんなにたくさんの機能を搭載するのは不可能です。

だから、鞄の中でも困らない機能は鞄の中のスマホにお任せして、“wena wrist”のバンドには、身につけていないと困る必須機能に絞ったことにより、長時間の駆動を可能としました。

これらを長所ととらえるか短所ととらえるかは、使用者の気持ち次第です。

まとめ

16 件
AXIS記事下バナー

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

リリース後2ヶ月が経過「ポケモンGO」の経済効果と課題まとめ

リリース後2ヶ月が経過「ポケモンGO」の経済効果と課題まとめ

7月22日に配信されたゲーム「ポケモンGO」。社会的なブームを巻き起こすほど話題になりましたが、2ヶ月経過した現在、ブームは沈静化しているように見えます。この記事では、ポケモンGOの経済効果や課題などについて解説します。
「買い物難民」を救う?「ドローン宅配サービス」について知る

「買い物難民」を救う?「ドローン宅配サービス」について知る

無人航空機「ドローン」という言葉を一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。「ドローン」とは、無人で遠隔操作や自動制御が可能な飛行機のこと。公共の場で「ドローン」を飛ばすことは法令に抵触するケースもありますが、アメリカなど「ドローン」が大活躍している国もあります。この記事では「ドローン」による宅配サービスの動きについて解説します。
ビジネスにおける“ホラーストーリー”とは

ビジネスにおける“ホラーストーリー”とは

みなさんは「ホラーストーリー」と言われて、何を連想するでしょうか。多分、真っ先に思いつくのは、恐怖映画やドラマなどの架空のストーリーでしょう。でも実は、ビジネスシーンにもホラーストーリーと呼ばれる手法があるのです。
【コミュ力に自信がない方必見】コミュ力の簡単な鍛え方とは?

【コミュ力に自信がない方必見】コミュ力の簡単な鍛え方とは?

でもビジネスシーンにおいてコミュ力に自信満々なんて人は少ないのではないでしょうか?接客や営業職で10年以上も経験を積むと、コミュ力が鍛えられて管理職になる頃には、コミュ力の達人に!コミュ力は鍛えられるのです。そこで今回はコミュ力の鍛え方をご紹介しましょう。
社会人が読むべきビジネス書の人気ランキング

社会人が読むべきビジネス書の人気ランキング

書店を訪れると、さまざまなビジネス書が並んでいます。ビジネスの指針となるような本が欲しいけれど、あまりに多くのビジネス書があって、どれを手に取ったらいいのか分からない、という人も多いのでは?そんなときは、人気ランキングを参考にしてみるのもひとつの手です。

この記事のキーワード

この記事のライター

鶴井敬子 鶴井敬子

プレスリリース