2016年12月24日 更新

ミレニアル世代の特徴 目指すは高収入

 人材サービスのマンパワーグループ(神奈川・横浜、池田匡弥社長)の調査によると、現在20~34歳の世界のミレニアル世代のキャリアの最優先事項は「高い収入を得る」ことである。“リーダー的役割”につく事を優先させる人は1割程度に過ぎず、“自身がリーダー的役割を担うことがキャリアの最優先事項ではない”というミレニアル世代の傾向が明らかになった。

 自身のキャリアの最優先事項は「高い収入を得る」事と回答する人が最も多く58%となった。

 一方、「自分の会社を持つ」(5%)、「組織のトップに立つ」(3%)、「部下を管理する」(3%)といった“リーダー的役割”につく事をキャリアの最優先事項に挙げた日本のミレニアル世代は、11%にとどまった。

【日本 自身のキャリアの最優先事項】
1位 高い収入を得る 58%
2位 その分野の専門家として認められる 13%
3位 積極的に貢献する 10% 
4位 優秀な人と仕事をする 8%
5位 自分の会社を持つ 5%
6位 組織のトップに立つ 3%
7位 部下を管理する 3%

【グローバル平均 自身のキャリアの最優先事項】
1位 高い収入を得る 23%
2位 積極的に貢献する 21%
3位 優秀な人と仕事をする 20%
4位 その分野の専門家として認められる 20%
5位 自分の会社を持つ 12%
6位 組織のトップに立つ 6%
7位 部下を管理する 4%
 今後伸ばしたいスキルは「専門的な職業スキル」が最も多く37%、次いで「対人スキル・チームワーク・コミュニケーション」(27%)、「IT/テクノロジー」(20%)となった。「リーダーシップ」(10%)や「人材管理」(6%)などのマネジメント能力を身につける事より個人のスキル開発を重視する傾向があった。

【日本 今後伸ばしたいスキル】
1位 専門的な職業スキル 37%
2位 対人スキル・チームワーク・コミュニケーション 27%
3位 IT/テクノロジー 20%
4位 リーダーシップ(管理能力) 10%
5位 人材管理(管理能力) 6%

【グローバル平均 今後伸ばしたいスキル】
1位 専門的な職業スキル 27%
2位 対人スキル・チームワーク・コミュニケーション 21%
3位 IT/テクノロジー 20%
4位 リーダーシップ(管理能力) 19%
5位 人材管理(管理能力) 13%

 ミレニアル世代と言われる今の若手を理解するためのキーワードは「高収入」と「個人」。“みんなの役に立つ”のではなく“あなたのためになる”とうまくやる気を引き出してあげれば、“わたし”も“高収入”に近づけるハズだ。

 調査は、2016年2月と4月、世界各地域を代表する18カ国の働くミレニアル世代1万1000人と25カ国のマンパワーグループのミレニアル世代アソシエイト8000人以上を対象に実施した。(年齢、男女構成についてバランスが均等になるよう配慮した)
3 件
AXIS記事下バナー

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2016年の平均年収は442万円、職種別・業種別の特徴

2016年の平均年収は442万円、職種別・業種別の特徴

 2016年の平均年収は前年比2万円増の442万円で、3年ぶりに増加傾向に転じたことが転職サービスの「DODA(デューダ)」を運営するインテリジェンス(東京・千代田、峯尾太郎社長)の「平均年収ランキング2016」調査で分かった。職種別でもっとも平均年収が高かったのは「投資銀行業務」で777万円だった。
世帯年収400万円で結婚を考える20代男性は4割、出産・子育ても女性に比べて慎重

世帯年収400万円で結婚を考える20代男性は4割、出産・子育ても女性に比べて慎重

 世帯年収400万円で結婚を考える20代男性は4割で、出産・子育ても女性に比べて慎重に考えていることが、SMBCコンシューマーファイナンス(東京・中央、幸野良治社長)の「20代の金銭感覚についての意識調査2016」明らかになった。
男女間の報酬差を感じる人は日本が世界で最も多い!? 男性上司の多い国ニッポン

男女間の報酬差を感じる人は日本が世界で最も多い!? 男性上司の多い国ニッポン

 日本は、「男女間で報酬差がない」と感じている人が世界で最も少ないことが人材サービス会社ランスタッドが実施した労働者意識調査で明らかとなった。
エリートでなくとも活躍できるワイルドスマートな働き方ーVol.2 貪欲な欲望はむき出しに、キレイごとはゴミ箱へ!

エリートでなくとも活躍できるワイルドスマートな働き方ーVol.2 貪欲な欲望はむき出しに、キレイごとはゴミ箱へ!

前回お伝えしたがVUCAの時代に必要なのはワイルドスマートである。ワイルドスマートを身につけるには仕事をしながら思考法と行動力を鍛えていくことが必要でこれを『自己改造』という。
エリートでなくとも活躍できるワイルドスマートな働き方ーVol.1 経歴エリートはもはやVUCAでは通用しない!

エリートでなくとも活躍できるワイルドスマートな働き方ーVol.1 経歴エリートはもはやVUCAでは通用しない!

世の中にはどこでも働ける、そしてどこへ行っても高い評価を得るというたくましい人達がいる。これは誰もが憧れる働き方だが、このような人達の共通点は何だろうか?

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

プレスリリース