2016年9月28日 更新

今話題となっているバッグインバッグとは?

ビジネスネスアイテムに欠かせないA4サイズが入る大きな鞄。でも、大きな鞄でも肝心なときに鞄の中で「必要な小物が行方不明になって大慌ての経験をしたことがある方は多いのでは?そんな悩みを一気に解決してくれる今話題のバッグインバッグをご存じですか?

話題のバッグインバッグとは?

最近のビジネスシーンに活躍する鞄の必須条件は、A4サイズのファイルが入ること、必要な物が必要なときにさっと取り出せることです。

スマホやお財布、カード入れや名刺入れ、筆記用具にペットボトル、様々な書類etc。鞄の中には様々な大きさの様々な物がいっぱいです。

鞄の中に仕切りやポケットがなくてごちゃごちゃになると、まず、鞄の中ですぐに行方不明になるものが出てきます。

また、プラスチック製品と革製品なんかが鞄の中に同居した場合は、革製品が傷だらけになったりすることもあります。

書類にシワが入ることもあります。

そうならないためには、充実したポケットや仕切りが必須です。

そこで、
①ポケットや仕切りが充実した鞄
②ビジネスシーンに最適なお洒落な鞄
この2つを兼ね備えた鞄を探すのは一苦労です。

また、出張の時と普段の通勤のとき等、ビジネスシーンによって異なる鞄を使うこともあります。

そうした場合によく起こるミスは、鞄の中身を移すときに必要な物の入れ忘れてしまうことす。
これはビジネスシーンにおいては絶対にあってはなりません。

これらを一気に解決してくれる優秀なビジネスアイテムが発売されました。

それが今話題の“バッグインバッグ”です。
では、具体的に解説しましょう。

その名の通り鞄の中に入れる小分けバッグのような物です。

中に入れる小さなバッグには、ポケットが充実していて、スマホやスマホのアクセサリー、パソコンやそのバッテリーなどがきれいに収納できます。

普段持ち運ぶ物がきれいに整理できたら後は鞄に入れるだけです。

何時も使う鞄と違う鞄を使う場合でも、「いつも使っているビジネスシーンに必須なアイテムセット」であるバッグインバッグ一式を移すだけですから、忘れ物の心配はありません。

バッグインバッグの機能は、中身が整理できるだけでなく、何が入っているか一目でわかるものもあれば、中身が見えずに単体で持ち運べるデザインのものもあります。

後者の場合は、昼休みやちょっとした外出の時なんかは、バッグインバッグだけクラッチバッグとして持ち歩くという便利な裏技も可能です。

バッグインバッグには2タイプあり!

バッグインバッグの特徴は、ポケットが充実しているのが最大の特徴です。

そうすることで、様々なサイズのビジネスアイテムが立体的に収納できるように、また、何が何処に入っているのか見やすいようにできています。

サイズもA4サイズ、A5サイズ、2wayタイプ、縦版、横版とメーカーによって様々です。
他にも裏返すとクラッチバッグとしても使えるリバーシブルタイプもあります。

チャックを180度全開した状態で、さらに反対折りにすることで、リバーシブルになるタイプもあります。

閉じたときは、サイドポケットとして外側に着いていて、リバーシブル状態では、ポケット部分が内側になった状態で、チャックが閉まります。

外出の時はポケットを内側にしてクラッチバッグ状態に、それ以外の時はポケットを外側にして、鞄の中でポケットに入ったものを取りやすくして使います。
自分が普段使うにはどれが最適なサイズなのか、どんな物を持ち運ぶかによって、どんなバッグインバッグを選択するか変わってきます。

数多くあるバッグインバッグの中から自分に合ったバッグインバッグを見つけましょう。

使い勝手の良い、必要な物が簡単に取り出せるバッグは、ビジネスシーンで心強い相棒となります。

どんなメーカーが作っているの?|①無印良品

高密度ナイロンツイル2バッグショルダー 黒 | 無印良品ネットストア

高密度ナイロンツイル2バッグショルダー 黒 | 無印良品ネットストア
ベルトの付け替えで、クラッチバッグやバッグインバッグ等としても使用できる使い勝手のよいバッグです。
昔から、ポーチ型のバッグインバッグは、無印良品にはたくさんありました。

でもビジネス向きのバッグインバッグで、筆者が気に入っているのは、無印良品の見開きの「高密度ナイロンツイル2バッグショルダー」です。
 
このバッグインバッグは、ビジネスアイテムとして最適で、各ポケットは着脱式になっているので、ばらして使うこともできます。
さらに、縦型横型と鞄の種類を問わず使えます。

着脱できるベルトも着いているので、バッグインバッグではナック、単体でショルダーバッグとしてもクラッチバッグとしても使えます。

色もブラック・ブラウン・ブルーの3色があります。

また、チャックを全開すると180度ひらきますので、セッティングして入れるのも、取り出しすのも使い勝手が良いのが特徴です。

どんなメーカーが作っているの?|②コクヨ

30 件
AXIS記事下バナー

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今話題のバッグインバッグ!個人的にお薦め品5つ

今話題のバッグインバッグ!個人的にお薦め品5つ

ビジネスシーンにおいて鞄から必要な物をスマートに出すのはマナーの一つです。鞄の中で物を探している様子はあまり格好の良い物ではありません。そこで今回は、前回に引き続き、ビジネス鞄の中の立体収納に便利な話題のバッグインバッグを5つご紹介しましょう。
【オススメ】アラサー世代にお薦めのスマートウォッチ【5選】

【オススメ】アラサー世代にお薦めのスマートウォッチ【5選】

初期のスマートウォッチの四角型のヘッドは、デザイン的に満足できないというユーザーの声が多く聞かれました。そんなユーザーの声に応えて、最近ではデザイン性も重視したものが販売され始めました。そこで今回はビジネスシーンにも最適な今話題のスマートウォッチを紹介します。
今話題のビジネスアイテム!SONYのスマートウォッチ“wena wrist”

今話題のビジネスアイテム!SONYのスマートウォッチ“wena wrist”

スマホのアプリとして、電子マネーやダイエットにも役立つ活動量計もスマホは大活躍です。でも、そんな便利なスマホもビジネスシーンでは鞄の中にあって有効に活躍できないことも。そこで、腕時計のバンドにこれら便利な機能がついたSONYのスマートウォッチをご紹介します。
暮らしを変える!ARを活用した企業のPR事例4選

暮らしを変える!ARを活用した企業のPR事例4選

さまざまな企業が、商品プロモーションやブランド価値向上のために活用しはじめている「AR」。拡張現実が導入されていくことで、私たちの暮らしはどのように変化するのでしょうか?今回は、AR技術を活用している企業の具体的な導入事例を4つご紹介します。
「イーサリアム」とは何?仮想通貨について理解しよう!

「イーサリアム」とは何?仮想通貨について理解しよう!

みなさんは「イーサリアム」とは何かご存知ですか?今話題になっている仮想通貨のうちの一つです。仮想通貨暴落!というニュースもあり、なんだか不安定な印象を持っている方も多いはず。そこで今回は、仮想通貨のキホンと話題のイーサリアムとはどんなものなのかをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のライター

鶴井敬子 鶴井敬子

プレスリリース