2016年12月18日 更新

新有休促進制度「ハッピーサタデー」「残念月」導入 ファンコミュニケーションズ

 インターネット広告事業を展開するファンコミュニケーションズ(東京・渋谷、柳澤安慶社長)は2017年1月から新たな有休促進制度「ハッピーサタデー(通称:ハピサタ)」と「残念月」を導入する。

 「ハピサタ」は土曜日が祝祭日となる場合に、前日の金曜日もしくは翌々日の月曜日に有給休暇取得を推奨する制度。

 2017年は2月10日または13日、4月28日または5月1日、9月22日または25日、12月22日または25日が該当する。

 「残念月」は三連休のない“残念な月”の第3月曜日に有給休暇取得を推奨する制度。2017年は6月16日が該当する。

 ファンコミュニケーションズでは2016年6月より有給休暇促進制度第一弾の「飛び石連休有休促進制度(通称:飛び促《トビソク》)」を導入するなど仕事の生産性を高める取り組みを推進しており、2016年の平均残業時間は前年比で13%削減を実現した。

 また、誕生日に自らを振り返り家族や周りの人たちに感謝するための「バースデー休暇」やW杯やオリンピック等の際に皆で応援して一致団結しようという「スポーツ観戦推奨時間休暇(時間単位有給休暇)」、男性従業員へ配偶者の出産フォローを推奨する「配偶者出産休暇」など、時代やニーズを踏まえながら独自の制度を導入してきた。

 年次有給休暇取得率は現在約66%となっており、まずは70%程度まで向上させることを目標にしているという。

 今回の新たな有給休暇促進制度の導入で、さらなるワークライフバランスを目指す方針だ。
2 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

仕事とプライベートの両立!ワークライフバランスの取り組み事例

仕事とプライベートの両立!ワークライフバランスの取り組み事例

仕事とプライベートの両立を図るためにも、企業のワークライフバランスの取り組み事例を参考に仕事の仕方を考えてみましょう。今回は、ワークライフバランスの定義やメリット、世界や日本の企業で行われているワークライフバランスの取り組み事例などについてご紹介していきます。
あなたらしさを尊重した働き方。「派遣社員」のメリットとは?

あなたらしさを尊重した働き方。「派遣社員」のメリットとは?

働き方改革実現会議においてワークライフバランスの健全化が重要課題となっている昨今、「派遣社員」という働き方のメリットが改めて見直されています。プライベートと仕事の両輪をバランス良く保てる派遣社員という雇用形態のメリットについて解説いたします。
すかいらーく 職場環境の改善のため深夜営業を行う8割の店舗で営業時間を短縮

すかいらーく 職場環境の改善のため深夜営業を行う8割の店舗で営業時間を短縮

 すかいらーく(東京・武蔵野、谷真社長)は、深夜時間帯に営業を行っている店舗の約8割を対象に営業時間短縮を実施し、従業員の職場環境を改善する。
将来の家計をシミュレーションできる無料サービス開始 リクルート

将来の家計をシミュレーションできる無料サービス開始 リクルート

 リクルートホールディングス(東京・千代田、峰岸真澄社長)は、収入・支出・家族の状況に合わせて将来の家計をインターネット上でシミュレーションできるサービス「iction!みらい家計シミュレーション」を開発した。
ジョンソンコントロールズ 全管理職が“イクボス”宣言

ジョンソンコントロールズ 全管理職が“イクボス”宣言

 ビルの自動制御や自動車用バッテリーを手掛けるジョンソンコントロールズ(東京・渋谷、吉田浩社長)では、全国10拠点で開催したキックオフミーティングで約200人の全管理職が「イクボス宣言」した。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

セミナー・イベント

プレスリリース