2017年6月30日 更新

新卒採用制度「UFLP365」を導入 ユニリーバ・ジャパン

ユニリーバ・ジャパン(東京・目黒、フルヴィオ・グアルネリCEO)は、6月より新たな新卒採用制度「UFLP365(ユニリーバ・フューチャー・リーダーズ・プログラム365)」を導入し、1年を通じて世界中どこからでも応募可能な通年採用を実施する。

 「UFLP365」は大学1年生から既卒3年以内の方までを対象とし、いつでも世界中どこからでも同社への応募を可能とする制度だ。

 インターンシップあり・なしの2つの選考過程から選ぶことができ、いずれもウェブ登録後、社員としてのポテンシャルを見極める「ゲーム選考」、与えられたテーマに応える「デジタル面接」、オフィスで実際の仕事に近い課題に取り組む「ディスカバリーセンター」、役員との「最終面接」という4段階の選考を行う。インターンシップを実施する選考過程では、これにインターンシップが加わる。

 1度選考から外れても1年の期間を置けば何回でも選考を受けられるほか、最終面接の前や入社の前に最大2年の期間を空けることも可能であり、対象者がキャリアを考える際の自由度の高い制度となっている。

 同社は、昨年7月には働く場所・時間を社員が自由に選べる人事制度「WAA」を導入するなど、多様な働き方ができる制度・環境の整備も進めている。
2 件
AXIS記事下バナー

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2018年卒の大学生 就活は「やや厳しくなる」と考えつつも狙うは「大手企業」

2018年卒の大学生 就活は「やや厳しくなる」と考えつつも狙うは「大手企業」

 2018年卒の大学生の就職活動は「やや厳しくなる」と考えている学生が7割に迫り、前年より増加していることが就職情報サービスのディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の調査で明らかとなった。大手企業の内定獲得を目指す学生は前年同様、約半数に上っている。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

プレスリリース