2017年12月5日 更新

世帯年収400万円で結婚を考える20代男性は4割、出産・子育ても女性に比べて慎重

 世帯年収400万円で結婚を考える20代男性は4割で、出産・子育ても女性に比べて慎重に考えていることが、SMBCコンシューマーファイナンス(東京・中央、幸野良治社長)の「20代の金銭感覚についての意識調査2016」明らかになった。

 20代の未婚者に対し、結婚後は夫婦共働きを希望するか、どちらか一方の片働きを希望するか聞いたところ「夫婦共働き」が76.0%で多数派となった。

 さらに、既婚者に対し、現在は夫婦共働きか、どちらか一方の片働きか聞いたところ「夫婦共働き」が55.1%、「どちらか一方の片働き」が43.9%となった。

 昨年の調査結果と比較すると、既婚者が「夫婦共働き」している割合は44.7%から55.1%となり約10ポイント上昇した。

 20代では夫婦共働きの世帯が増えているが、それでも未婚者の共働き希望(76.0%)を下回っていた。

 共働きの希望と現実を見比べてSMBCコンシューマーファイナンスでは「共働きを望んでも実現が難しい環境が将来の世帯年収についての展望を暗くし、“20代のうちは結婚や出産・子育てするほどのお金の余裕がない”と思わせる一因となっているのではないか」と分析した。

 結婚や出産・子育てなどをしたいと思える世帯年収額を聞いたところ、“結婚”は年収400万円で48.8%、年収500万円で66.0%。

 “出産・子育て(1人)”は年収400万円では37.8%、年収500万円では54.4%、“出産・子育て(2人)”は年収400万円では23.4%、年収500万円では37.4%となった。
 男女別に年収400万円でしようと思う割合をみると、男性の結婚は40.0%、1人目の出産は32.8%、2人目の出産は19.6%、女性の結婚は57.6%、1人目の出産は42.8%、2人目の出産は27.2%となり、男性は女性よりも低くなった。

 男性は自身の収入で家族を支える責任を感じるためか、世帯年収が400万円の場合、結婚や出産・子育てに前向きになれない傾向が強いことが明らかとなった。

 仕事をリタイアする年齢までに貯蓄がいくらあれば安心できるか聞くと、「500万円超~1000万円以下」が30.6%と最多となり、全体の平均額は4380万円だった。

 また、2000万円以下で安心できるという人の割合は60.6%となっており、2000万円あっても安心出来ない人が20代の約4割を占め、「5000万円超~1億円以下」12.8%や「1億円超で安心」4.6%といった回答も一定数みられた。

 調査は、2016年10月5日~11日、20~29歳の男女を対象にインターネットで実施し、1000人の有効サンプルを集計した。

おすすめの関連記事はこちら

ミレニアル世代の特徴 目指すは高収入

ミレニアル世代の特徴 目指すは高収入
人材サービスのマンパワーグループの調査による、現在20~34歳の世界のミレニアル世代のキャリアの最優先事項が「高い収入を得る」という傾向をご紹介します◎

2016年の平均年収は442万円、職種別・業種別の特徴

2016年の平均年収は442万円、職種別・業種別の特徴
自分の興味のある業種の平均年収を参照して、参考にしてみてください。どうして業績が伸びたのかなども合わせてご紹介いたします。

ちょっと意識したい!35歳サラリーマンの平均年収はいくら?

ちょっと意識したい!35歳サラリーマンの平均年収はいくら?
35歳になると、任される仕事の大きさや責任感がましますよね。自分の同じ位置にいる人はどれくらいの年収をもらっているのかも気になるところ。そこで、平均年収だけでなく、もらえるお給料の基準 の違いなどもご紹介いたします。
7 件
AXIS記事下バナー

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2016年の平均年収は442万円、職種別・業種別の特徴

2016年の平均年収は442万円、職種別・業種別の特徴

 2016年の平均年収は前年比2万円増の442万円で、3年ぶりに増加傾向に転じたことが転職サービスの「DODA(デューダ)」を運営するインテリジェンス(東京・千代田、峯尾太郎社長)の「平均年収ランキング2016」調査で分かった。職種別でもっとも平均年収が高かったのは「投資銀行業務」で777万円だった。
ミレニアル世代の特徴 目指すは高収入

ミレニアル世代の特徴 目指すは高収入

 人材サービスのマンパワーグループ(神奈川・横浜、池田匡弥社長)の調査によると、現在20~34歳の世界のミレニアル世代のキャリアの最優先事項は「高い収入を得る」ことである。“リーダー的役割”につく事を優先させる人は1割程度に過ぎず、“自身がリーダー的役割を担うことがキャリアの最優先事項ではない”というミレニアル世代の傾向が明らかになった。
共働き家庭必見!夫の家事分担成功のコツ

共働き家庭必見!夫の家事分担成功のコツ

男女共同参画社会の実現に向け、働き方改革が進んで女性の社会進出が増える中でも、家事分担は夫より妻に負担がいく傾向があります。共働き家庭では、夫の家事分担は必須です。共働き家庭の夫が、積極的に家事参加するためのポイントを紹介します。
共働き夫婦の家事分担!悩まないための工夫ポイント《5選》

共働き夫婦の家事分担!悩まないための工夫ポイント《5選》

女性の社会進出が進み、夫婦共働きも当たり前となった現代日本。日々の仕事に追われる中、夫婦で揉めがちなのが家事の分担です。共働き夫婦の生活に欠かせない家事分担を楽にする、工夫すべきポイントを5つご紹介します。
ちょっと意識したい!35歳サラリーマンの平均年収はいくら?

ちょっと意識したい!35歳サラリーマンの平均年収はいくら?

企業に勤めるサラリーマンとして、自分の年収はどの位の位置にあるのか気になる事、ありませんか?今回は、35歳という大抵の方が社会人になって10年越えの位置。会社における役割も責任に人それぞれとなってくる時期ですね。その30代中盤の平均年収はどのくらいなのか、紹介したいと思います。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

プレスリリース