2017年5月24日 更新

夏に備えて着こなしの勉強!メンズ向けクールビズスタイル

ノーネクタイが基本のクールビズスタイル。かっこよく着こなしたいとは思うものの、どうしても単調になってしまいがちです。そこで今回は、これからやってくる暑い季節に備えて、メンズのかっこいいクールビズスタイルをご紹介します。

そもそもクールビズって何?

クールビズとは、環境省によって2005年に導入された地球温暖化対策のひとつです。

厚着をやめて体感温度を下げれば、クーラーなどの空調設備によるエネルギー消費を減らすことができる、という考え方に基づいています。

つまり、エネルギー消費が減れば空気中の二酸化炭素の量が減少し、地球温暖化の対策に役立つ、というわけです。

クールビズで注意したいこと

クールビズの基本は、ノージャケット・ノーネクタイです。

しかし、ネクタイとジャケットを脱いでしまうと、どうしてもビジネスマンとしての恰好がつかず、だらしのない印象になってしまいがち。
また、時と場所によっては、相手に不快感を与えてしまうことも。

だらしなく見えない、かっこいいクールビズスタイルを知っておくことは、このようなトラブルを予防することにも繋がります。

色物や柄物のシャツを選ぼう

クールビズをかっこよく着こなすためには、白シャツよりも色物や柄物のシャツがおすすめです。

白シャツにノーネクタイでは、どうしても仕事終わりに居酒屋で飲んでいるようなだらしのない印象に。
一方、色物や柄物のシャツであれば、メンズライクな爽やかな印象を相手に与えることができます。

シャツから肌着を見せない

クールビズでシャツの第一ボタンを開けると、中の肌着が見えてしまいます。

中の肌着が見えてしまうと下品な印象を相手に与えてしまうため、上品さや清潔感の求められるビジネスマンの装いとしては相応しくありません。

第一ボタンを開けたい場合は、襟元が深いVネックの肌着を選びましょう。

シャツのボタンをポイントに

メンズスーツのポイントとなるネクタイ。
クールビズでは、そんなネクタイを外さなくてはならないため、ちょっとだけ味気ない印象になってしまいます。

そこで注目したいのが、シャツのボタンです。
おしゃれなボタンがついたシャツなら、ネクタイがなくても洗練された着こなしになります。

ボタンの色は、黒や茶色といった目立ち過ぎないものがおすすめです。
23 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今夏はコレ!トレンド感も出せる、女性用クールビズスタイル5選

今夏はコレ!トレンド感も出せる、女性用クールビズスタイル5選

毎年やってくる暑~い夏。働く女性にとって、通勤時の服装は悩むところ。クールビズ感は出したいけれど、ビジネスの場に好ましい、清潔感のある着こなしを心がけたいですよね。そこで今回は、トレンド感も出しつつ清潔に着こなせるクールビズスタイルをご紹介いたします。
クールビズはいつまで?夏本番前に期間をしっかり確認しておこう

クールビズはいつまで?夏本番前に期間をしっかり確認しておこう

すっかり定着してきた「クールビズ」ですが、実は意外と「いつからいつまで」と期間を答えられる人は少ないようです。5月1日より始まったクールビズ。この期間はいったいいつまでなのか?まさかの大恥!?とならないよう、夏本番前にしっかり確認しておきましょう。
今、男性が就きたい職業はコレ!男性の人気職業ランキングTOP5

今、男性が就きたい職業はコレ!男性の人気職業ランキングTOP5

現在、男性の間ではどんな職業が人気なのでしょうか。そこで今回は、男性の人気職業ランキングのTOP5をご紹介。ランキングに入っている職業の平均年収や、その職業に就くにはどのような資格が必要かについても解説していきます。
ビジネスマン必須!この春おすすめのおしゃれ名刺入れ5選

ビジネスマン必須!この春おすすめのおしゃれ名刺入れ5選

ビジネスマンなら誰もが持っている名刺。仕事の顔と言える重要な名刺は、素敵な名刺入れに収納して気分よく使いたいですよね。そこで今回は少し高級な、おしゃれな名刺入れをご紹介します。春から気分を一新して、新しく、よりおしゃれな名刺入れにアップデートしませんか?
訪問時もOK!男性におすすめのビジネスカジュアル春コーデ5選

訪問時もOK!男性におすすめのビジネスカジュアル春コーデ5選

私服OKな企業も増え、仕事とお洒落を両立して楽しめるビジネスカジュアルが男性の間でも浸透してきました。様々なコーディネートが楽しめる一方で取引先へ訪問する場合も同様のスタイルで良いのでしょうか?今回は訪問時もOKな春のビジネスカジュアルを5点ご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のライター

ayako ayako

セミナー・イベント

プレスリリース