2016年12月18日 更新

ネスレ日本 テレワーク活用でワークライフバランスを実現

 厚生労働省は、テレワークの活用で労働者のワークライフバランスの実現に成果をあげた企業や個人を表彰する「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」の受賞者を決定した。優秀賞にはネスレ日本が選ばれた。

 厚生労働省は「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」の受賞者を決定した。

 テレワークとは、パソコンやインターネットといった情報通信技術(ICT)を活用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方。

 育児や介護などと仕事の両立などワークライフバランスの向上に役立つほか、生産性の向上や雇用の創出につながるなどさまざまなメリットがある。

 このテレワークをさらに普及・推進させていくため、厚生労働省では昨年度から「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」で表彰する制度を設けており、今年度は「優秀賞」に1社、「特別奨励賞」に3社、「個人賞」に2人を決定した。

 「優秀賞」を受賞したネスレ日本(東京・品川、高岡浩三社長)は、2016年1月から全社員を対象にした社員自身が働く場所や時間を自由に選べる「フレキシブルワーキング制度」を導入するなどの取り組みが評価された。

 特別奨励賞、個人賞の受賞は次の通り。

◆特別奨励賞
沖ワークウェル(東京・港、津田貴社長)
ダンクソフト(東京・中央、星野晃一郎社長)
日本オラクル(東京・港、 杉原博茂社長)

◆個人賞
岩井美奈氏(クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン)
田澤由利氏(テレワークマネジメント)
2 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

仕事とプライベートの両立!ワークライフバランスの取り組み事例

仕事とプライベートの両立!ワークライフバランスの取り組み事例

仕事とプライベートの両立を図るためにも、企業のワークライフバランスの取り組み事例を参考に仕事の仕方を考えてみましょう。今回は、ワークライフバランスの定義やメリット、世界や日本の企業で行われているワークライフバランスの取り組み事例などについてご紹介していきます。
あなたらしさを尊重した働き方。「派遣社員」のメリットとは?

あなたらしさを尊重した働き方。「派遣社員」のメリットとは?

働き方改革実現会議においてワークライフバランスの健全化が重要課題となっている昨今、「派遣社員」という働き方のメリットが改めて見直されています。プライベートと仕事の両輪をバランス良く保てる派遣社員という雇用形態のメリットについて解説いたします。
意外な落とし穴?失敗しないUターン転職を学ぼう!

意外な落とし穴?失敗しないUターン転職を学ぼう!

「いずれは故郷に帰りたい」「地元に貢献したい」…そんな思いから、Uターン転職を夢見ている方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、漠然とした憧れだけでUターンして大失敗…という例もあるのです。今回は、Uターン転職を成功させるポイントをご紹介します。
すかいらーく 職場環境の改善のため深夜営業を行う8割の店舗で営業時間を短縮

すかいらーく 職場環境の改善のため深夜営業を行う8割の店舗で営業時間を短縮

 すかいらーく(東京・武蔵野、谷真社長)は、深夜時間帯に営業を行っている店舗の約8割を対象に営業時間短縮を実施し、従業員の職場環境を改善する。
将来の家計をシミュレーションできる無料サービス開始 リクルート

将来の家計をシミュレーションできる無料サービス開始 リクルート

 リクルートホールディングス(東京・千代田、峰岸真澄社長)は、収入・支出・家族の状況に合わせて将来の家計をインターネット上でシミュレーションできるサービス「iction!みらい家計シミュレーション」を開発した。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

セミナー・イベント

プレスリリース