2016年12月2日 更新

忘年会でもし幹事を任されてしまったら!? 日程調整とお店選びのベストな方法

忘年会シーズンに突入し、酒宴の席が増えてくる季節だ。この記事では、もし忘年会の幹事になってしまったら注意すべき店選びや日程調整などについて解説する。

画像素材 - PIXTA(ピクスタ)

もし幹事を任されたら…どんな店を選んだらよいのか?

たかが忘年会、されど忘年会。もし幹事を任されてしまったら、全力でコーディネートを楽しもう。先輩たちはあなたが幹事としてどう振る舞うか注目していると心得るべきだ。

筆者は、会社員時代、若手社員が少なかったこともあり、ほぼ毎年幹事を務めていた。出版社の社員は、マスコミというプライドや職業柄か、大変グルメにうるさく、店選びにとてもこだわっていた。

筆者は、グルメにはあまり興味がなく、「〇〇(大手居酒屋チェーン)でいいじゃないですか!」と上司に言ったら、「そんなダサい場所は駄目だ!」と烈火の如く怒られた。「じゃあどんな店がいいんですか!」と聞けば、「ラグジュアリーな雰囲気で、リーズナブルかつ料理がおいしい店」などと言ってくる。

もうこうなると、店の知識などない自分の力だけではどうしようもない。そんなときは、今まで幹事を経験してきた先輩に遠慮なく質問しよう。きっとよいアドバイスをくれるはずだ。

参加者の日程調整の仕方は?

部署の人数が多い場合、スケジュール調整に苦労する。いちいち希望を聞いても日程はいつまでも決められない。

そこで、スケジュール調整は以下の手順で進めよう。

1.部署のなかで最も職位の高い人(例えば部長や取締役など)のスケジュールをまずは押さえる。

2.次に副部長など次点にいる人におうかがいをたてる。ここでは「〇〇部長には了解を取りました」と話し、反対されないようにする。

3.課員に日程を通知する。どうしても参加できない用事以外は、日程調整をしてもらえるようお願いする。

スケジュール調整は、スピーディーに行うこと。というのも、部長や取締役は、一般課員より忙しいのが普通だからだ。それに、職位の高い人がいないと忘年会が締まらないという理由もある。

最後まで気を抜けない!!

忘年会には、体調を万全にして臨むことをおススメしたい。風邪を引いて参加すると、周囲に迷惑がかかるだけでなく、さらに風邪が悪化する可能性もある。

忘年会に参加し、風邪が悪化した結果、欠勤してしまったというのでは、目も当てられない。忘年会当日は、二次会、三次会まで体力が持つよう、万全を期したいものである。
9 件
AXIS記事下バナー

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

こんなにも違う!?ビジネス界における外国人のマナー

こんなにも違う!?ビジネス界における外国人のマナー

グローバル化が進む現代。外国人とビジネスをしていくなら、言語だけでなくマナーについても理解が必要です。日本人には常識でも外国人にはタブーであることもあります。今回は、グローバルな時代に必要不可欠なビジネスマナーについてご紹介します。
仕事を辞める理由ランキングと好印象な辞め方

仕事を辞める理由ランキングと好印象な辞め方

仕事を辞める理由は人それぞれ。本当に辞めていいのか、どうやって会社に伝えればよいのかと迷っている方もいるかもしれません。ここでは仕事を辞める理由をランキング形式にまとめています。ランキングを読んで、転職を考えたときの参考にしてみてください。
気持ち良く退職する為に。仕事を辞める時のスムーズな手続き方法

気持ち良く退職する為に。仕事を辞める時のスムーズな手続き方法

転職先が決まった時、今の仕事を辞めることになりますが、辞める際に何から手続きをすれば良いのか戸惑うこともあるでしょう。現職場とトラブルにならないように、スムーズかつ円滑に今の仕事を退職するための手続きの手順をご紹介します。
円満退職の秘訣!仕事を辞める前には準備を欠かさずに!

円満退職の秘訣!仕事を辞める前には準備を欠かさずに!

いざ退職!となった時、後悔が残るのは辛いですよね。円満に退職するためには、仕事を辞める前の準備が不可欠です。では一体どんな準備をすれば良いのか?今回はそんな疑問を解消します。仕事を辞める前に準備をしっかり整えて、気持ちよく次のステップにうつりましょう!
上司へのお礼メールをどう送る?シーン別3選!

上司へのお礼メールをどう送る?シーン別3選!

普段、友人や同僚たちには何気なく送っているお礼のメール。しかし、その相手が上司となると、頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか?今回は、上司へのビジネスメールにお礼の気持ちを込めるポイントと注意点を、シーン別でまとめてみました!

この記事のキーワード

この記事のライター

楠山拓己 楠山拓己

プレスリリース