2016年12月31日 更新

家事代行を使えば自分のための時間を作ることができる!?

 家事代行を利用するきっかけは家事のストレス”であるものの、アウトソーシングサービスをうまく使うことで、自分投資の時間が生れている実態がインテリジェンス(東京・千代田、峯尾太郎社長)の法人向け福利厚生型家事シェアサービス「ショコラ(share of co life)」の調査で分かった。

 日常生活で面倒と感じていることの1位は「掃除」で50%となった。次いで「料理」(36%)、「食器洗い」(34%)と、日常的で頻度が高いものほど、面倒さを感じる傾向となっている。

【日常生活で面倒と感じていること トップ5】
1位 掃除 50%
2位 料理 36%
3位 食器洗い 34%
4位 選択畳み 32%
5位 選択干し 31%

 男女別にみると、意識差が多いのは「料理」で女性45%、男性28%、「アイロンがけ」も女性38%、男性24%となっており、女性が負担に感じている割合が多かった。

 一方、「めんどうに感じていることは特にない」のみ男性が高いという結果になった。

 家事代行を利用するようになったきっかけは、「家事のストレス」(21%)が「大掃除」(15%)を抜き1位となった。3位以降は「家族の体調不良」(9%)や「出産」(9%)「仕事の変化」(9%)「家族の介護」(7%)「育休・産休からの復帰」(5%)となり、日常生活の変化がきっかけとなることが分かった。

 月一回以上家事代行を利用する人の61%が「ジムや習い事をする」のに対し、家事代行を利用したことのない人で「ジムや習い事をする」と回答したのは15%にとどまった。

 また、家事代行サービスを利用する人は「出前・デリバリーをとる」「宅配クリーニングを利用する」など、他のアウトソーシングサービスも上手に活用する傾向にあった。

 利用のきっかけが日日常の「家事のストレス」や生活上の変化でも、利用することで結果的に自己投資に充てる時間が生まれていると言えそうだ。

 ちなみに、家事代行スタッフとして来てほしい芸能人の1位は新垣結衣さんだった。

 調査は、2016年11月17日~24日、東京、神奈川、千葉、埼玉の20~59歳の男女618人を対象にインターネットで実施した。
家事代行経験有り(就業者:男性237人・女性103人、未就業者:女性51人)
家事代行経験無し(就業者:男性103人・女性62人、未就業者:女性62人)

インテリジェンス - 転職エージェントガイド

インテリジェンス - 転職エージェントガイド
国内大手の転職エージェントの1つで、求人情報メディア「DODA(デューダ)」を活用して、求人案件を豊富に確保していることが強み。
3 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

多様な働き方の追求。働き方改革実現会議で紹介された事例とは?

多様な働き方の追求。働き方改革実現会議で紹介された事例とは?

働き方改革実現会議は、長時間労働や女性の働きにくさといった労働現場の諸問題について、解決へ向けた取り組みを行ったり、各社の成功事例を紹介しブラッシュアップすることを目的とする諮問機関です。働き方改革実現会議で話し合われた内容や改革事例についてご紹介します。
50代を超えてようやく仕事に満足する人が増える!? 人間関係や報酬も仕事の満足度に大きく影響する実態が明らに

50代を超えてようやく仕事に満足する人が増える!? 人間関係や報酬も仕事の満足度に大きく影響する実態が明らに

 仕事に満足している人は平均3割程度だが、50代以降は4割、5割と増加する傾向があることが、プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険(東京・千代田、添田毅司社長)が実施した「人生の満足度に関する調査2016」で分かった。
ミクシィ 同性パートナーにも福利厚生制度を適用

ミクシィ 同性パートナーにも福利厚生制度を適用

 SNS「mixi」やスマホアプリ「モンスターストライク」などを運営するミクシィ(東京・渋谷、森田仁基社長)は就業規則等の社内規定を改訂し、「配偶者」の定義を同性パートナーを含むものに変更した。この改定で、これまで法的に認められた婚姻に限っていた福利厚生制度の適用範囲を同性パートナーにも拡大する。
企業が雇用している従業員への考え方を示す、「福利厚生」を解説する

企業が雇用している従業員への考え方を示す、「福利厚生」を解説する

企業が従業員を雇用して負担する費用は、実は給与だけではない。住宅手当や資格手当などを負担している企業も存在する。これらは、一般的に「福利厚生」と呼ばれ、従業員が企業を選ぶうえで決め手になるケースもあり得る。一方、「法定福利」と呼ばれる法律で定められた福利厚生もある。企業が設けている福利厚生にはどのようなものがあるのだろうか。絶対に知っておきたい法定福利と法定外福利の仕組みを解説する。
入社したら必ずチェック!「就業規則」の記載事項とは?

入社したら必ずチェック!「就業規則」の記載事項とは?

入社したら必ず確認したい書類が「就業規則」。職場のルールブックとも言えるもので、労働者が守るべきことが詳細に書かれています。昨今、収入の落ち込みから副業をやりたいという声が聴かれますが、会社によっては就業規則で副業を禁止しているケースもあります。このことを知らず、副業を行うと最悪の場合、クビになることもあるのです。就業規則を読み込むことで、遵守すべきことが明確になります。この記事では、就業規則の内容について説明します。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

セミナー・イベント

プレスリリース