2016年8月25日 更新

入社したら必ずチェック!「就業規則」の記載事項とは?

入社したら必ず確認したい書類が「就業規則」。職場のルールブックとも言えるもので、労働者が守るべきことが詳細に書かれています。昨今、収入の落ち込みから副業をやりたいという声が聴かれますが、会社によっては就業規則で副業を禁止しているケースもあります。このことを知らず、副業を行うと最悪の場合、クビになることもあるのです。就業規則を読み込むことで、遵守すべきことが明確になります。この記事では、就業規則の内容について説明します。

就業規則を読んでいない労働者が多すぎる

あなたは、会社に就業規則があることを知っていますか?

「知ってるよ!」と憤慨することなかれ。大多数の人は、就業規則の存在さえ知らずに勤務しています。

会社は、労働者に対し、就業規則の存在を周知しなければならないと法律で定められています。

もし、就業規則の存在自体を知らないのなら、今すぐ総務部などに問い合わせましょう。

就業規則の「絶対的記載事項」とは?

就業規則には、必ず記載しなければならない「絶対的記載事項」と必要に応じて記載する「相対的記載事項」の2つがあります。

まず、「絶対的記載事項」について解説します。

1.始業、終業の時刻、休憩時間と休日、休暇

「勤務時間は9時から18時とする」などと始業と終業の時刻が具体的に書かれています。
休憩時間も同様に「12時から13時の1時間を休憩時間とする」などと書かれています。

2.賃金に関すること

賃金の計算、支払いの方法、支払日、昇給に関する事項などが書かれています。
賃金は、労働者にとってもっとも気になること。
どのような計算方法になっているのか、しっかりと確認することが必要です。
企業によっては、別途「賃金規則」を設けているケースもあります。

その場合、「賃金の計算の詳細は別途賃金規則で定める」などと書かれているので、必要に応じて確認しましょう。

「退職に関すること」は要チェック!

あなたもいつかは退職します。就業規則では、退職に関して定めています。

3.退職に関すること

解雇の理由が就業規則に明確化されているからといって、むやみに労働者を解雇することは当然許されません。

労働法には、解雇権を行使するための要件が詳細に定められており、会社は遵守することが求められています。
労働者が自ら願い出て退職する場合の手続きや会社が労働者を解雇する理由などが書かれています。

正社員の場合、いつでも退職を願い出ることができます。

そして、たとえ会社が退職を承認しなくても、民法の規定により退職の申し出をした日から起算して原則として14日を経過したときは、退職となります。

就業規則の「相対的記載事項」とは?

29 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

有給休暇など会社員なら覚えておきたい休暇制度

有給休暇など会社員なら覚えておきたい休暇制度

社会人になると有給休暇を取るのも一苦労。現実には特別休暇や有給休暇等いろいろあるものの、実際に取得している人はごく少数。とはいえ、どんな休暇制度があるか知っておくことはいざという時のためにも大切なことです。この記事では、主な休暇制度について解説します。
ビジネスにおける“ホラーストーリー”とは

ビジネスにおける“ホラーストーリー”とは

みなさんは「ホラーストーリー」と言われて、何を連想するでしょうか。多分、真っ先に思いつくのは、恐怖映画やドラマなどの架空のストーリーでしょう。でも実は、ビジネスシーンにもホラーストーリーと呼ばれる手法があるのです。
【コミュ力に自信がない方必見】コミュ力の簡単な鍛え方とは?

【コミュ力に自信がない方必見】コミュ力の簡単な鍛え方とは?

でもビジネスシーンにおいてコミュ力に自信満々なんて人は少ないのではないでしょうか?接客や営業職で10年以上も経験を積むと、コミュ力が鍛えられて管理職になる頃には、コミュ力の達人に!コミュ力は鍛えられるのです。そこで今回はコミュ力の鍛え方をご紹介しましょう。
社会人が読むべきビジネス書の人気ランキング

社会人が読むべきビジネス書の人気ランキング

書店を訪れると、さまざまなビジネス書が並んでいます。ビジネスの指針となるような本が欲しいけれど、あまりに多くのビジネス書があって、どれを手に取ったらいいのか分からない、という人も多いのでは?そんなときは、人気ランキングを参考にしてみるのもひとつの手です。
社会人が読むべき社会常識の本4選

社会人が読むべき社会常識の本4選

仕事をするにあたって、新社会人が覚えるべきことはたくさんあります。業務に関する専門的な知識はもちろんのこと、社会人としての常識やマナーも知っておかなければなりません。その社会人としての常識は、どう学べば良いのでしょうか。そんな悩みを抱える新社会人や、もう一度マナーを勉強し直したいと思っている人におすすめの本をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のライター

楠山拓己 楠山拓己

セミナー・イベント

プレスリリース