2016年12月18日 更新

すかいらーく 職場環境の改善のため深夜営業を行う8割の店舗で営業時間を短縮

 すかいらーく(東京・武蔵野、谷真社長)は、深夜時間帯に営業を行っている店舗の約8割を対象に営業時間短縮を実施し、従業員の職場環境を改善する。

 すかいらーくは、深夜2時以降朝5時までの深夜時間帯に営業を行っている987店のうち約8割の店舗を対象に、原則深夜2時閉店、朝7時開店の営業時間短縮を実施する。

 変更は、2017年1月中旬から順次4月1日までに行う予定。

 今回の決定の目的は、従業員のワークライフバランスの推進。

 これまでもすかいらーくではさまざまな取り組みを行っており、連休の取得、男性の育児休暇取得、育児短時間勤務などを推進し、2016年2月に次世代育成支援対策推進法に基づき「子育てサポート企業」として厚生労働大臣の認定を受け「くるみん」マークを取得している。

 また、変形労働時間制度の導入、健康経営の推進など、全従業員が心身ともに健康で、ワークライフバランスを取りながら充実した生活を送ることのできる職場環境の整備に力を注いでいる。

 今後についてすかいらーくは、「食とサービスを提供する企業として、今後も従業員の健康に配慮した職場を整備していく」としている。
2 件
AXIS記事下バナー

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

仕事とプライベートの両立!ワークライフバランスの取り組み事例

仕事とプライベートの両立!ワークライフバランスの取り組み事例

仕事とプライベートの両立を図るためにも、企業のワークライフバランスの取り組み事例を参考に仕事の仕方を考えてみましょう。今回は、ワークライフバランスの定義やメリット、世界や日本の企業で行われているワークライフバランスの取り組み事例などについてご紹介していきます。
あなたらしさを尊重した働き方。「派遣社員」のメリットとは?

あなたらしさを尊重した働き方。「派遣社員」のメリットとは?

働き方改革実現会議においてワークライフバランスの健全化が重要課題となっている昨今、「派遣社員」という働き方のメリットが改めて見直されています。プライベートと仕事の両輪をバランス良く保てる派遣社員という雇用形態のメリットについて解説いたします。
7割の人が感じている「疲れ目」、その原因は主に3つ

7割の人が感じている「疲れ目」、その原因は主に3つ

 「疲れ目」を感じている人は7割にも上っていることがトレンド総研の「目の悩み」に関する調査で明らかとなった。原因は人によってさまざまだが、眼科医によれば主にパソコンやスマートフォンによる目の酷使、目の乾燥、加齢などがあげられるという。
将来の家計をシミュレーションできる無料サービス開始 リクルート

将来の家計をシミュレーションできる無料サービス開始 リクルート

 リクルートホールディングス(東京・千代田、峰岸真澄社長)は、収入・支出・家族の状況に合わせて将来の家計をインターネット上でシミュレーションできるサービス「iction!みらい家計シミュレーション」を開発した。
新有休促進制度「ハッピーサタデー」「残念月」導入 ファンコミュニケーションズ

新有休促進制度「ハッピーサタデー」「残念月」導入 ファンコミュニケーションズ

 インターネット広告事業を展開するファンコミュニケーションズ(東京・渋谷、柳澤安慶社長)は2017年1月から新たな有休促進制度「ハッピーサタデー(通称:ハピサタ)」と「残念月」を導入する。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

プレスリリース