2017年11月14日 更新

暮らしやすさ自慢ランキング 都道府県別の特徴とは?

 Uターン、Iターンなど移住ブームが続いているが、47都道府県で自分に合った移住地はどこなのか。暮らしやすさナンバー1は“福岡県”、治安の良さナンバー1は“福井県”、教育熱心なのは“埼玉県”というクチコミがソニー生命保険(東京・千代田、萩本友男社長)の実施した「47都道府県別 生活意識調査」で明らかとなった。都道府県別の特徴を知って参考にしてみたい。

 現在住んでいる人が“暮らしやすさが自慢”と回答している都道府県は、1位「福岡県」(63.0%)、2位「愛知県」(48.0%)、3位「静岡県」(47.0%)となり、福岡県が2年連続で1位となった。

【暮らしやすさが自慢】
1位 福岡県 63.0%
2位 愛知県 48.0%
3位 静岡県 47.0%
4位 千葉県 45.0%
4位 香川県 45.0%

 “治安の良さが自慢”と回答している都道府県は、1位「福井県」(42.0%)、2位「長野県」(39.0%)、3位「鳥取県」「佐賀県」(いずれも38.0%)となった。

【治安の良さが自慢】
1位 福井県 42.0%
2位 長野県 39.0%
3位 鳥取県 38.0%
3位 佐賀県 38.0%
5位 岩手県 37.0%
5位 大分県 37.0%

 老後に移住したいと思う都道府県の1位は「沖縄県」(12.7%)となり、「北海道」(4.7%)は2位、3位は「東京都」(3.9%)だった。

【老後に移住したいと思う都道府県】
1位 沖縄県 12.7%
2位 北海道 4.7%
3位 東京都 3.9%
4位 福岡県 2.7%
5位 京都府 2.3%

 マイホーム購入の平均金額が最も高いのは「東京都」で4365万円、2位「神奈川県」3390万円、3位「千葉県」3345万円だった。

【マイホーム購入の平均金額が高い都道府県】
1位 東京都  4365万円
2位 神奈川県 3390万円
3位 千葉県  3345万円
4位 大阪府  3278万円
5位 京都府  3250万円
 “できるだけお金をかけたい”と思うものに「教育」を挙げた人の割合が多いのは「埼玉県」で30.4%、次いで「徳島県」(28.9%)、「鳥取県」(28.6%)などが続き、上位10都道府県のうち7府県が西日本となった。昨年の調査結果と同様に、教育に熱心な県民が多いのは西高東低の傾向にあるようだ。

【教育にお金をかけたいと思う都道府県】
1位 埼玉県 30.4%
2位 徳島県 28.9%
3位 鳥取県 28.6%
4位 沖縄県 27.9%
5位 京都府 27.0%

 夫がよく家事に参加している都道府県の1位は「京都府」(59.2%)、2位「長野県」(56.4%)、3位「福島県」(56.2%)となり、夫がよく子育てに参加している都道府県は1位「岐阜県」(57.1%)、2位「鹿児島県」(55.5%)、3位「山梨県」(54.1%)だった。

 長野県と岐阜県は両方でトップ5にランクインしており、家事・育児参加に積極的な夫が多いようだ。

【夫がよく家事に参加している都道府県】
1位 京都府 59.2%
2位 長野県 56.4%
3位 福島県 56.2%
4位 岐阜県 55.6%
5位 佐賀県 51.7%

【夫がよく子育てに参加している都道府県】
1位 岐阜県 57.1%
2位 鹿児島県 56.4%
3位 山梨県 54.1%
4位 長野県 52.7%
5位 埼玉県 52.6%

 移住地としてはもちろん、県民性としても参考になりそうだ。

 調査は、2016年9月7日~15日、全国の20歳~59歳の男女を対象にインターネットで実施し、4700サンプルの有効回答を得た。(有効回答から居住地、性別、年代区分がほぼ均等になるように抽出。各都道府県100サンプル、男性50サンプル、女性50サンプル)

おすすめの関連記事はこちら

貯金が苦手な人必見!新社会人のかんたん貯金法

貯金が苦手な人必見!新社会人のかんたん貯金法
社会人1年目は、十分な貯金がない方がほとんど。しかし、あるやり方や考え方を変えてみるだけで、自然と貯金をしていることに気づかされるかもしれません。

猫は一人暮らしでも飼いやすいペットだった!

猫は一人暮らしでも飼いやすいペットだった!
一人暮らしをすると、何かと忙しい日々を過ごすことが多くなりますよね。しかし、癒しも欲しい。そんな時にピッタリなのが猫なのです!その理由をご紹介いたします。

【超簡単】一人暮らしにおすすめ節約術4選【食事編】

【超簡単】一人暮らしにおすすめ節約術4選【食事編】
出費のかかる食費を抑えるには、おい買い物上手になることと食材の管理方法です。しかし、どこから始めればよいか分かりませんよね。そんな方のために、まずはここを押さえて欲しいポイントをご紹介いたします。
7 件
AXIS記事下バナー

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

求人数の増加をチャンスとする人が増加!? 転職理由トップは「ほかにやりたい仕事がある」

求人数の増加をチャンスとする人が増加!? 転職理由トップは「ほかにやりたい仕事がある」

 転職サービスDODA(デューダ)を運営するインテリジェンス(東京・千代田、峯尾太郎社長)の調査によると、転職理由の1位は「ほかにやりたい仕事がある」となっていることが分かった。前回調査から0.8ポイント増加しており、求人数の増加が続く“今”、選べるキャリアのバリエーションも広がっているため、転職希望者は今がチャンスと考えているようだ。
長崎の離島・壱岐市が年収1200万円で“究極の島おこし”人材を募集

長崎の離島・壱岐市が年収1200万円で“究極の島おこし”人材を募集

 長崎県壱岐市(白川博一市長)は、2017年夏に開設予定の「壱岐市産業支援センター・Iki-Biz(イキビズ)」でセンター長として中小企業の売上アップや創業の支援を行う“究極の島おこし”人材を募集している。年収は市長以上となる1200万円というから驚きだ。
地方都市で働く!Uターン、Iターン就職を成功させるためのポイント

地方都市で働く!Uターン、Iターン就職を成功させるためのポイント

地方出身者のなかには、住み慣れた故郷で働きたいと願う人も多いでしょう。昨今、首都圏を中心に転職事情は好転しているとはいえ、依然として地方経済は低迷したまま。それでも地方で働くことを選択する場合、どのようなことに気をつけるべきでしょうか。この記事では、U・Iターン転職を成功させるためのポイントについて考えます。
U・Iターン希望のクリエイター対象 地方の放送局4社が集まる合同説明会開催

U・Iターン希望のクリエイター対象 地方の放送局4社が集まる合同説明会開催

 地方の放送局4社が集まる合同説明会をクリエイターの転職支援を手掛けるクリーク・アンド・リバー社(東京・千代田、井川幸広社長)が都内で開催する。
今、男性が就きたい職業はコレ!男性の人気職業ランキングTOP5

今、男性が就きたい職業はコレ!男性の人気職業ランキングTOP5

現在、男性の間ではどんな職業が人気なのでしょうか。そこで今回は、男性の人気職業ランキングのTOP5をご紹介。ランキングに入っている職業の平均年収や、その職業に就くにはどのような資格が必要かについても解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

プレスリリース