2017年3月30日 更新

ベーシックインカムってどう?フィンランドの実例と日本の可能性

欧米諸国ではベーシックインカムの是非について議論されており、フィンランドでは部分的な社会実験がスタートしました。日本でもベーシックインカム導入を望む声がありますが、日本社会にマッチするのでしょうか?フィンランドでの実例と、日本の実現可能性について解説します。

【ベーシックインカムとは?】

数字の上の電卓|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

ベーシックインカム(基礎所得)とは、最低限度の生活保障となる一定額を無条件で国民全員に定期支給するという施策のことです。欧米社会において18世紀末にはすでに登場していた古い社会構想ですが、長年に渡って実現が検討されており、20世紀終盤から議論が再燃を見せています。

欧米での議論の高まりを受け、日本でもここ数年でベーシックインカム導入検討が注目を集めています。ベーシックインカムはメリット・デメリットの双方がある大規模改革です。いずれ自分の生活を大きく左右するかもしれない問題なので、今のうちから関心を高めておきましょう。

【フィンランドでは実験開始】

仕事をするシニア男性10|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

ベーシックインカム導入へのファーストステップとして、フィンランドで社会実験がスタートしました。この実験は国家レベルでの実験としては初の試みとなるもので、ランダムに選定された2000人の失業者を対象として月額560€(約7万円)を支給する計画で、2017年1月から2年間の実施を予定しています。

このフィンランドの実験においては、ベーシックインカムによって最低限の生活が保証されているため、失業者は低収入・低負担の仕事でも就くことができ、結果的に失業率が低減することが期待されています。

【ブラック企業にとっては大打撃?】

辞表|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

さて、ベーシックインカムを日本で導入すると何が起こるのでしょうか?

フィンランドのような北欧社会には存在しない日本社会特有の問題として、長時間労働・過重労働を強いるブラック企業問題が挙げられます。ベーシックインカムが導入されれば、最低限の生活保障があるため労働者は気軽に離職できるようになります。また、「お金のために働く」という動機が薄れるため、やりがいのある仕事や、格別に労働条件の良い仕事でないとなかなか労働者が集まりません。当然ながら、長時間・薄給の悪条件で従業員をこき使っているブラック企業からはどんどん人が離れていくことでしょう。そういった企業は労働条件を改善するか、事業を縮小するかの選択を迫られることになります。

【少子化改善や景気回復に効果も】

母と子 お絵かき9|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

フィンランドなどの北欧社会と日本社会共有の課題として、少子化の改善が挙げられます。特に今の日本では若者世代が貧しいためなかなか結婚に踏み切れず、また長時間労働や保育園不足などの問題で子供を育てにくいという理由から深刻な少子化が進行しています。ベーシックインカムで生活が保障されれば、若者世代が金銭的・時間的・体力的不安から解放され、出生率の向上が期待できます。

またベーシックインカムの恩恵を受けて労働者が長時間労働からどんどん離職し、定時に帰宅できる好条件の職場に転職すれば、趣味・レジャー・飲食などの余暇産業が活性化されます。このような庶民のゆとりが日本の景気回復の一助となることは言うまでもありません。

【庶民の税金負担増は不可避】

給与明細|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

ただし、ベーシックインカムはメリットばかりではありません。国民1人1人に月額数万円という巨大な財源の確保のため、庶民の税金負担が増えることは絶対避けられません。そもそも、先に述べたフィンランドでの社会実験も、高税・高福祉の北欧社会だからこそ実施できたことです。ベーシックインカム導入は、たった数%の消費税増税にも悲鳴を上げる日本人のお財布には厳しい問題としてのしかかってきそうです。

現実的な対処としては、生活保護・失業保険・年金・健康保険などの現行の社会保障を大幅に縮小し、浮いたお金をベーシックインカムの財源に回すという手法が取られるかもしれません。
20 件
AXIS記事下バナー

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

多様な働き方の追求。働き方改革実現会議で紹介された事例とは?

多様な働き方の追求。働き方改革実現会議で紹介された事例とは?

働き方改革実現会議は、長時間労働や女性の働きにくさといった労働現場の諸問題について、解決へ向けた取り組みを行ったり、各社の成功事例を紹介しブラッシュアップすることを目的とする諮問機関です。働き方改革実現会議で話し合われた内容や改革事例についてご紹介します。
2017年ふるさと納税はコレで決まり!人気の返礼品5選

2017年ふるさと納税はコレで決まり!人気の返礼品5選

税金の控除が受けられ、そのうえ全国各地から魅力たっぷりな返礼品が選び放題なため、大人気のふるさと納税。すっかり浸透してきたので、毎年実行している方も多いのではないでしょうか。今年のふるさと納税の人気返礼品ベスト5をまとめてご紹介します。
東京オリンピック開催までに解決しておくべき問題とは?

東京オリンピック開催までに解決しておくべき問題とは?

2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは、数百万人から1000万人規模での来場者が見込まれており、様々な問題の発生が予想されています。開催まで残りあと数年、海外からのお客様をお迎えするため、東京が今のうちに解決しておくべき問題を紹介します。
傍若無人に振る舞うトランプ大統領。気になる日本への影響は?

傍若無人に振る舞うトランプ大統領。気になる日本への影響は?

アメリカ新大統領にトランプ氏が当選し、世界中が衝撃に包まれました。独特のスタイルを貫くトランプ政治が日本に悪い影響を及ぼすのでは?と恐れている方も多いと思います。トランプ大統領就任によって、予想される日本への影響について考えてみましょう。
東京五輪に向けた渋谷駅の改良工事で何が変わる?

東京五輪に向けた渋谷駅の改良工事で何が変わる?

2020年に予定されている東京五輪に向け、渋谷駅周辺では改良工事が進められています。首都圏のビジネスマンにとっては日常的に利用する駅であるため、影響を受けている方も多いのではないでしょうか。ここでは、渋谷駅の東京五輪に向けた改良工事にかかる期間や目的についてお伝えします。

この記事のキーワード

この記事のライター

NEKOYAMA NEKOYAMA

プレスリリース