2017年8月23日 更新

人工知能に奪われない仕事とは?人間の有利性を探ろう

機械では代替えできなかった仕事を今やどんどん人工知能(AI)がクリアしてきています。オペレーターや窓口などでルーチン化できる仕事をいずれ人工知能がすることになるのは想像に難くありません。それでは、AIより人間に有利な仕事にはどんな職業があるのでしょうか?

人工知能に奪われない仕事5選/第一線監督者

人工知能ビジネス青い光の背景|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

様々な分野で人工知能(AI)が活躍し、「人工知能に仕事が奪われる」ともいわれていますが、人間に有利な職種は何かを調べてみました。

例えば、なくならない仕事といわれている中に、整備・設置・修理の第一線監督者(CPF)があります。
第一線監督者は経営者の視点での、ものづくりの基盤の整備、業務遂行、人材育成など、いわゆる現場のヒト・モノ・コトの交通整理を担います。

職場の活性化といった人の指導も多くを占める第一線監督者は、イレギュラーな状況判断や人の心の察知ができる人間でなければ難しいでしょう。

ただし、第一線監督者が人工知能のサポートを受け、現場マネジメントを行うというシーンは近い将来あるのかもしれません。

人工知能に奪われない仕事5選/セールスエンジニア

AIと人間の握手|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

人工知能が発達しても代替えされない仕事といわれているセールスエンジニア。
セールスエンジニアはクライアントからすれば技術・専門知識があり、歯がゆさを察知し、問題を解決してくれる存在です。

セールスエンジニアには技術出身者も多く、それぞれのニーズに対応するという点で、リアル(現場)を知っているという強みは大きいようです。

交渉から導入後のアフターフォローまでを考えると、データベースから導き出される答えは同じだとしても、買い手からすれば事情と心情を察する能力の高い“人”の方が相手として良いという理由もあるでしょう。

人工知能に奪われない仕事5選/作業療法士

ヘルパーと男性12|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

一口に作業療法士といっても、どんな作業(支援)をするかは相手次第。成人の高次脳機能障害の方のお世話をするのと、発達段階にあわせた子どもの支援をするのでは内容はまったく異なります。
また、人間の個々の悩みや症状には同じものはふたつとありません。

支援を行うには、その人の生育歴や家族など、家庭や心の問題に触れることになります。それを踏まえて相手の表情から援助の内容を確認し、ときには予定を変更するなどの細やかさが要求される仕事です。

このように対人というシーンでは、人間の感情的知能指数(EQ)の方が人工知能より優れています。人間そのものがとても曖昧な存在で、心や表情を汲み取るのは人に勝るものはないということです。

人工知能に奪われない仕事5選/画家・写真家

カメラを持つ外国人モデル男性6|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

感性がものをいう画家や写真家も、代替えされにくい仕事として挙げられます。
創造性や芸術などの領域では、人工知能より人間が有利ということです。

芸術は正論だけでは語りきれず、ときには反則的な手法が人の心を魅了することもあります。人工知能はデータに基づいた露光やタッチは得意でも、情緒やヒューマニティ、侘び寂びといったものを表現する、抽象的な作業が苦手ということでしょう。

人工知能に奪われない仕事5選/医療従事者

相談する医師14|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

未来には「手術を医師の手で行いますか?それともAIにしますか?」と問われる日が来るかもしれません。実際、日本国内の人工知能も画像から高精度にがん細胞を判定するまでの進化を遂げています。

しかし、AIに代替えされにくい仕事として、内科・外科・精神科・歯科などの医師、セラピスト、ソーシャルワーカーといった医療関係が多く挙げられているのです。

医療の分野では、仕事を人工知能に奪われるのではなく、人間とAIの共生に移行すると考えるのが妥当ともいえるでしょう。

人工知能のサポートのもと治療方針を考え、医師のサポートのもとAIと治療をする日は、そう遠くないのかもしれません。
17 件
AXIS記事下バナー

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

AI(人工知能)で変わる世界。あなたの仕事は将来どうなる?

AI(人工知能)で変わる世界。あなたの仕事は将来どうなる?

AI(人工知能)技術が発達し、人間の生活を便利にしてくれる……そんな夢物語がもうすぐそこまで来ています。それどころか、人間の仕事を横取りするほど優秀なロボットが誕生する恐れも出てきました。AI(人工知能)によって進化する仕事事情についてご紹介します。
スキマ時間の強い味方!ビジネスニュースアプリ【5選】

スキマ時間の強い味方!ビジネスニュースアプリ【5選】

アプリは何を愛用していますか?通勤中やお昼休みなど、ちょっとしたスキマ時間のある時にチェックするには、とっても便利なニュースアプリ。今回は、ビジネスニュースが読めるニュースアプリ5選を、その特徴とともにご紹介いたします!
未来の働き方や生活が変わる!! 覚えておきたい5つの最新テクノロジー

未来の働き方や生活が変わる!! 覚えておきたい5つの最新テクノロジー

2016年、VR(仮想現実)やAI(人工知能)、フィンテックなど私たちの生活を激変させるテクノロジーが多数登場した。AIは、私たちの仕事を奪うとも言われ、たとえテクノロジーに無関係の職場にいるとしても、その進化を無視することはできない。この記事では、AIほか私たちの働き方や生活に多大な影響を及ぼす5つのテクノロジー(VR、フィンテック、AI、ゲノム編集、制震)について解説する。
「人口知能(AI)」は脅威それとも福音? キーワードは「自動化」

「人口知能(AI)」は脅威それとも福音? キーワードは「自動化」

人口知能(AI)の登場により、私たちの生活は格段に便利になっている。これまで人間にしか担えないと思われていた介護にも人口知能(AI)は広がっている。人口知能(AI)普事の多くがなくなるという話もよく聞くが本当だろうか?筆者の経験も踏まえ考察する。
企業経営に甚大な被害も!「情報漏えいリスク」を日頃から意識する

企業経営に甚大な被害も!「情報漏えいリスク」を日頃から意識する

企業経営に「情報」は不可欠ですが、取り扱いがなかなか難しいものです。企業が日々活動を行っていると、取得する情報は自ずと増えていきます。ここで問題となるのが「情報管理」。もし、情報が外部に漏れてしまうと経営危機にまで発展しかねないほどの被害に至るケースもあります。この記事では、情報漏えいの実例を見ながら、その対処法についても見ていきましょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

haru haru

プレスリリース