2017年4月19日 更新

後輩に愛される「良き先輩」を目指して。後輩指導のコツ7か条

社会に出て数年が経過し、そろそろ後輩の指導を任される先輩の立場となっている方も多いかもしれません。後輩はいずれ自分の仕事をサポートしてくれる頼もしい存在です。先輩社員として、後輩と良好な関係を築きたいもの。後輩指導における7つのコツをご紹介します。

【1:誰にでもわかるように説明する】

グラフを指差すビジネスマン|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

どんな職種であれ、業界用語や業界の常識は無数に存在するものです。後輩(特に新入社員)を指導する場合には、自分自身が新入りで右も左もわからなかった頃の感覚を思い出してください。

自分にとって当然と思われるような事柄でも、相手の立場に立ち、一から丁寧に說明してあげましょう。

また、相手の理解を深めるため、必要に応じて図や資料を前もって用意し、予備知識のない人でも頭に入りやすいような説明を心がけることが大切です。

【2:一度に教える量はセーブして】

一歩一歩登るゾウ|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

一度に集中して後輩指導を行う場合は、相手のキャパシティに気を配りながら指導を進めてあげてください。

ついつい話に熱が入ると、短時間でたくさんの事柄を説明してしまいがちです。しかし、一度に多くのことを教え過ぎると、後輩は内容が整理しきれずにかえって混乱してしまいます。

「ここまでの内容で、何か疑問点はある?」「話にちゃんと付いて来られているかな?」など、こまめに確認してあげると親切ですし、後輩の理解力アップにもつながります。

【3:期間目標を意識させる】

期限1|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

仕事を教わる後輩は、その仕事を今すぐにでもマスターしなければならないのか、それとも徐々に慣れていけばいいのかが分からず、不安を感じてしまいます。

1つ仕事を教えるたびに、その仕事は明日から任せるのか、来月から任せるのか、それとも3年程かけてじっくりと覚えていって欲しいのかを明言してあげるようにしましょう。

そうすることで、後輩は仕事を覚える優先順位を決めることができますし、責任感とヤル気が自然と芽生え、目標に向かって頑張ることができます。

【4:気づきを促しながら注意する】

ピコーン1|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

後輩がミスを犯してしまった場合、先輩として注意をする必要があります。しかし、そのときに「こんなこともわからないの?」「なんで出来ないの?」といった後輩の能力不足そのものを責める言い方をしてはいけません。

注意をする際は、「どうしてそう思ったの?」「なぜ間違えたんだと思う?」など、あくまで後輩の考え方や行動プロセスに誤りがあったことを指摘しましょう。
このように、後輩自身に誤りを気付かせる形を取ることで、後輩は「自分の行動のここが悪かったんだ」と納得しやすくなります。

原因究明力の訓練にもなるため、今後のミスの再発防止につながるでしょう。

【5:良いところをアピールする】

先輩後輩でタッグを組んで行動する場合、社内の他部署の諸先輩や、場合によっては取引先の方にも後輩を紹介する機会が多々あることでしょう。

後輩を紹介するときは、自分の後輩だからといって、けなして謙遜する必要はありません。むしろ「英語力は僕以上なんです」、「体力では誰にも負けません」など、何か一言で良いので後輩自身の長所を言い添えてあげましょう。

「自慢の後輩」として扱ってあげることで、後輩自身も先輩の期待に応えようと、自然と長所が伸びていきます。
23 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「右腕」ではなく「プレーヤー」を作る!部下育成の5つの秘訣

「右腕」ではなく「プレーヤー」を作る!部下育成の5つの秘訣

入社10年目前後で、そろそろ中堅社員として部下育成を任され始めた方も多いのではないでしょうか。初めて部下を持つと、どうやって指導すれば良いのか戸惑うことばかりです。改めて、理想の部下とは何か、良い部下育成とは何かを考えてみましょう。
【人材育成】コンサルティング会社の研修方法は何かが違う?

【人材育成】コンサルティング会社の研修方法は何かが違う?

新入社員の人材育成に力の入るシーズンです。新人が会社にコミットし活躍するまでに育つには、教育方法も一つの鍵となります。そこで人材育成はコンサルティング会社の研修を活用するという方法も選択肢の一つとなるでしょう。コンサルティング会社の研修は何が違うのでしょう?
企業経営に欠かせない「人材育成」人が育つ職場の特徴を整理

企業経営に欠かせない「人材育成」人が育つ職場の特徴を整理

企業経営に不可欠な要素と言えば「ヒト、モノ、カネ」。近年では、これに「情報」を加える人もいます。最初に「ヒト」が来ているように、企業経営にとっては、人材育成こそ最重要。この記事では、人が育つ職場の特徴について解説します。
「ゆとり世代」はもう古い?新入社員教育の最新事情

「ゆとり世代」はもう古い?新入社員教育の最新事情

若い新入社員をどう教育したらいいのかわからない、とお悩みのあなた。最近の新入社員世代は「ドローン型」、「消せるボールペン型」など不思議な名前で呼ばれています。各世代の特徴を頭に入れておけば、新入社員の教育に四苦八苦することも少なくなるかもしれません。
人事異動の目的と理由とは?まさかの辞令に備えるヒント

人事異動の目的と理由とは?まさかの辞令に備えるヒント

人事異動は、働く人にとって避けては通れない道です。そもそも、人事異動は何の目的で、どういった人のために、どうような理由で行われるものなのでしょうか。人事異動の目的や理由、思いがけない辞令が下った時の対処法などをお教えします。

この記事のキーワード

この記事のライター

NEKOYAMA NEKOYAMA

セミナー・イベント

プレスリリース