2016年11月2日 更新

Uターン就職支援イベントを東京、京都、名古屋で開催 富山県

 富山県では、県内への移住・就職を希望する人を対象にUIJターン就職を進めるイベント「元気とやま!就職セミナー」、「富山県Uターン女子応援カフェ」を開催する。

 「元気とやま!就職セミナー」は、将来、富山県へのUIJターン就職を考えている学生などを対象に富山県の就職環境やUIJターン就職活動の進め方、富山県で働く魅力を伝えるセミナーを開催する。会場は東京、京都、名古屋の3カ所となっている。

 東京、京都、名古屋では当日、別会場で「富山県Uターン女子応援カフェ」も開催する。こちらでは、2018年3月以降に卒業予定の女子学生を対象に、女性社員との座談会形式で自由な意見交換を行う。

 自己紹介や会社紹介、仕事と生活・家庭の両立、就職活動のアドバイスなど、実際に富山県で働く女性自らが話してくれる予定だ。

【元気とやま!就職セミナー 概要】
東京会場
日時:11月16日(水)17:30~20:00
会場:大手町サンスカイルーム27階 D室
(東京都千代田区大手町2-6-6 朝日生命大手町ビル内)

京都会場
日時:11月19日(土)14:00~16:40
会場:メルパルク京都4階 研修室5
(京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676番13)

名古屋会場
日時:11月20日(日)13:30~16:10
会場:愛知県産業労働センターウインクあいち11階1103会議室
(名古屋市中村区名駅4-4-38)

金沢会場
日時:11月23日(水・祝)14:00~16:40
会場:金沢勤労者プラザ1階多目的室
(金沢市北安江3-2-20)


【富山県Uターン女子応援カフェ 概要】
東京会場
日時:11月16日(水)15:20~17:00
会場:パソナ本社地下1階 ソシエテサロン
(東京都千代田区大手町2-6-4)

京都会場
日時:11月19日(土)17:00~18:30
会場:LA CAFFE KENYA 京都店
(京都市下京区西洞院通塩小路下る キャンパスプラザ京都内)

名古屋会場
日時:11月20日(日)16:30~18:00
会場:ISOLA 名古屋店
(名古屋市中村区名駅4-7-1 ミッドランドスクエア4階)

定員:各会場先着40人
参加方法:要予約
2 件
AXIS記事下バナー

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

U・Iターン就業希望者向けセミナー、起業塾を開催 高知県

U・Iターン就業希望者向けセミナー、起業塾を開催 高知県

 高知県は、都市部から高知県への就業希望者向けのセミナー、起業希望者向けの研修を11月に東京・大阪で開催する。
求人数の増加をチャンスとする人が増加!? 転職理由トップは「ほかにやりたい仕事がある」

求人数の増加をチャンスとする人が増加!? 転職理由トップは「ほかにやりたい仕事がある」

 転職サービスDODA(デューダ)を運営するインテリジェンス(東京・千代田、峯尾太郎社長)の調査によると、転職理由の1位は「ほかにやりたい仕事がある」となっていることが分かった。前回調査から0.8ポイント増加しており、求人数の増加が続く“今”、選べるキャリアのバリエーションも広がっているため、転職希望者は今がチャンスと考えているようだ。
長崎の離島・壱岐市が年収1200万円で“究極の島おこし”人材を募集

長崎の離島・壱岐市が年収1200万円で“究極の島おこし”人材を募集

 長崎県壱岐市(白川博一市長)は、2017年夏に開設予定の「壱岐市産業支援センター・Iki-Biz(イキビズ)」でセンター長として中小企業の売上アップや創業の支援を行う“究極の島おこし”人材を募集している。年収は市長以上となる1200万円というから驚きだ。
地方都市で働く!Uターン、Iターン就職を成功させるためのポイント

地方都市で働く!Uターン、Iターン就職を成功させるためのポイント

地方出身者のなかには、住み慣れた故郷で働きたいと願う人も多いでしょう。昨今、首都圏を中心に転職事情は好転しているとはいえ、依然として地方経済は低迷したまま。それでも地方で働くことを選択する場合、どのようなことに気をつけるべきでしょうか。この記事では、U・Iターン転職を成功させるためのポイントについて考えます。
気持ち良く退職する為に。仕事を辞める時のスムーズな手続き方法

気持ち良く退職する為に。仕事を辞める時のスムーズな手続き方法

転職先が決まった時、今の仕事を辞めることになりますが、辞める際に何から手続きをすれば良いのか戸惑うこともあるでしょう。現職場とトラブルにならないように、スムーズかつ円滑に今の仕事を退職するための手続きの手順をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

プレスリリース