2017年3月19日 更新

【渋谷】TPOに合わせて選ぼう!接待に使える店5選

デキるビジネスパーソンなら、接待もスマートに決めたいもの!お客様の好みや商談の内容に合わせて「使える店」をいくつか押さえておくと便利です。今回は、渋谷エリアで接待に使える店を5軒ご紹介します。渋谷周辺にクライアントをお持ちの方はぜひご活用ください!

KICHIRI 渋谷 | 店舗ブランド | 株式会社きちり

KICHIRI 渋谷 | 店舗ブランド | 株式会社きちり

日本料理「旬彩」 渋谷東急エクセルホテル

洗練された接客サービスが受けられるホテルレストランは、目上の方をお招きした接待にも最適です。

東急エクセルホテルは、渋谷駅直結という抜群のアクセスの良さに加え、地上25階から渋谷を一望できるのがおすすめのポイント!
夜景のすばらしさはもちろんのこと、昼も緑あふれる神宮と高層ビルのコントラストを楽しめます。

個室は、8名~16名まで利用できる扉・壁付きの完全個室と、24名まで収容可能な半個室。どの個室にも窓があり、景色を楽しめるのが嬉しいところです。

予算に応じた様々なコースメニューが用意されており、お客様の好みに合わせてメニューを決めることができます。どれも季節感あふれる、華やかで美しい料理です。

上役が多数出席する重要な接待にも使えるので、地方からいらっしゃるお客様にも喜んでいただけます。こんな店を知っていれば、あなたの株も上がりますよ!

【所在地】
東京都渋谷区道玄坂1-12-2 渋谷エクセルホテル東急25F

【営業時間】
ランチ 
月~日・祝 午前11:30~午後3:00(L.O午後2:00)

ディナー
月~日・祝 午後5:30~午後11:00(L.O午後9:00、御膳料理・一品料理は午後10:00)

【定休日】
年中無休

【予算】
5,000~13,500円

【アクセス情報】
京王井の頭線渋谷駅 徒歩1分
その他各線渋谷駅から直結

【電話番号】
03-5457-0131

日本料理「旬彩」

日本料理「旬彩」

TPOに合わせて接待に使える店をストックしておこう!

渋谷で接待に使える店として、雰囲気の異なる店を5軒ご紹介しました。接待のお店選びで重要なのは、まずはゲストの好みを知ること。好きな食べ物やお酒、雰囲気など十分にリサーチしたら、相手の交通手段なども考慮しながらお店を決めましょう。

皆さんの接待が成功するよう祈っています!
22 件
AXIS記事下バナー

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

歓迎会シーズン到来!歓迎会に最適な渋谷の会場をご紹介!

歓迎会シーズン到来!歓迎会に最適な渋谷の会場をご紹介!

社会人生活が長くなって来れば、歓迎会で感じに任命されることも。渋谷はお店がたくさんあり、会場を探すのにも一苦労ですよね。そこで、ここでは新入社員の方が気持ち良く仕事を始められるような、歓迎会の会場にピッタリな渋谷のお店をご紹介します。
お酒が苦手でも大丈夫!会食で失敗しないマナーを身につけよう!

お酒が苦手でも大丈夫!会食で失敗しないマナーを身につけよう!

大事な取引先や上司とお酒を交わしながら、今後のビジネスが上手く運ぶように関係を築くための大事な会食。マナーやしきたりなどが多く苦痛に感じてしまう方もいるのでは?今回はお酒が苦手な方でも上手くこなせる会食で失敗しないためのマナーをご紹介します。
知っているようで知らない?会食と接待の違いとは

知っているようで知らない?会食と接待の違いとは

ビジネスを円滑に進めるためには、ビズネスパートナーとの会食や接待が欠かせません。近年は接待をめぐる問題が企業間で取り沙汰され、耳にすることも多い会食と接待。この2つの言葉の違いは一体どこにあるのでしょうか?それぞれの定義をふまえ、違いについてご紹介します。
社会人の必修科目!「接待交際費」のイロハをおさらいしよう

社会人の必修科目!「接待交際費」のイロハをおさらいしよう

接待の飲食代、手土産代、ゴルフ代など、営業活動で使用した交際費を精算する際、どの勘定科目を使えば良いのか悩むことはありませんか?接待や交際費に関するルールは複雑でわかりづらいものです。基本ルールやよくある事例をご紹介しますので、参考にしてみてください。
ビジネスのキモは接待にあり!30代社員要チェックの接待マナー

ビジネスのキモは接待にあり!30代社員要チェックの接待マナー

接待は新入社員から重役までが参加するチームプレー。上座・下座やお酌の仕方などの基本マナーはとっくにマスターした30代社員は、そろそろ中堅プレーヤーとして活躍することが期待されています。30代社員が押さえておきたい接待マナーをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のライター

haruyagi haruyagi

プレスリリース