2017年1月26日 更新

デキる外国人を見習い、長時間労働をなくす! 残業時間を減らす9つの方法

長時間労働を前提とした日本流の働き方はもはや時代遅れだ。政府による残業規制が話題となるなか、生産性向上は喫緊の課題だ。近年、IT業界を中心に外国人労働者が増えてきているが、彼らはあまり残業をしていないようだ。筆者はさまざまなIT企業や外資系企業を訪問しているが、定時になると帰宅する外国人が多い。なぜ、外国人は残業時間が少ないのだろうか。デキる外国人の秘密の特徴を考察した。

画像素材 - PIXTA(ピクスタ)

いい意味で仕事が雑である

日本人と外国人の間の埋めがたいギャップのひとつが品質。外国人に日本人が求める品質を話しても、なかなか理解してくれないことも多い。外国人から見れば「なぜ、そこまで品質にこだわるの?」という気持ちもあるかもしれない。

デキる外国人は、雑でもよいからとりあえず成果物を上げてくる。それでダメなら、改善すればよいと気楽に考えている節がある。

日本人は、プレゼンテーションの図表ひとつにさえこだわっている。こんな枝葉末節を気にしては時間がいくらあっても足りない。もっと、本質に迫るべきだろう。

要はアウトプット、つまり成果が重要。外国人は、日本人よりアウトプットへの意識が強いと言え、それが働き方にも影響を及ぼしているのかもしれない。

生産性についていつも考えている

デキる外国人は、生産性を上げることに心血を注いでいる。日本企業のように、皆で残業するという意識はなく、自分の仕事を完遂しようと努力を欠かさない。

そして、無駄だと思ったことは、すぐに進言し、変えようと試みる。歯に衣着せぬ物言いが、物議をかもすこともあるが、職場によい変化を与えることもたびたびある。

すぐに質問をする

デキる外国人は、わからないことがあればすぐに質問をする。日本人の場合、周りにどう思われているかが気になるあまり発言を控えてしまうのとは対照的だ。

よく考えれば、悩んでいる時間のほうがもったいない。デキる外国人は、その場で不明点を解決しようと心がけている。

「やる、やらない」の決断が早い

デキる外国人は、決断を先延ばしにしない。自分なりの軸を持っているためか、聞かれたことに対する決断スピードが格段に早い。

日本人は、周りの様子を見てから決める人が多いが、彼らにはそのような傾向が見られない。

仕事中は私語をしない

デキる外国人は、勤務中、ひたすら仕事に集中している。デキない日本人は、勤務時間中に私語ばかり。結果、不必要な残業をする羽目になる。

仕事中の態度は、生産性とも関連するもの。集中する時間が増えれば、アウトプットの量、質も上がるわけだ。

家族との時間を大切にしている

デキる外国人は、家族愛に溢れている。家族と長い時間を過ごすためには、残業などしている暇はないと話す。

たとえ実の親が危篤状態であったとしても、妻が出産をしていても、黙々と働く日本人がいるのとは対照的だ。「仕事より大切なものがあるだろう」とはデキる外国人の弁。ぜひ見習いたいものだ。

上昇志向が強い

デキる外国人は、スキルアップに余念がなく、目標を持って仕事をしている。日本という異国にいるからこそ、そうさせるのかもしれないが。

デキる外国人は、アウトプットに目を向けているためか、どうしたらもっとうまくいくのか研究熱心だ。

日本人の場合、組織の見えない圧力に負けて、突き抜けることを怖がる人も多いかもしれない。デキる外国人は、ほかの人を圧倒する実力をつけようといつも考えている。
21 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

なぜ残業時間は減らないのか? 長時間労働の要因を理解して、自分で働き方を変える

なぜ残業時間は減らないのか? 長時間労働の要因を理解して、自分で働き方を変える

安倍政権が推進する「働き方改革」。「長時間労働の是正」はこの改革の目玉。電通の過労自殺事件を発端に、これまで以上に長時間労働にバッシングが強くなってきた。とはいえ、長時間労働の要因を正確に整理しなければ、長時間労働の良し悪しを把握することもできまい。この記事では、長時間労働の要因について解説する。
ビジネスリーダーへの影響大 「裁量労働制」の適用拡大で働き方はどう変わるのか?

ビジネスリーダーへの影響大 「裁量労働制」の適用拡大で働き方はどう変わるのか?

安倍内閣肝いりの「働き方改革」。この改革においては、「労働生産性の向上」や「長時間労働の是正」などが論点になっている。これらの論点を語るうえでホットなキーワードといえば「裁量労働制」だ。この記事では「裁量労働制」の概要について解説する。
「管理職は割に合わない」、女性の労働観が二極化 女性管理職登用に立ちはだかる高い壁とは?

「管理職は割に合わない」、女性の労働観が二極化 女性管理職登用に立ちはだかる高い壁とは?

安倍政権は女性活躍を旗印に「女性管理職の登用」を企業に働きかけている。男女雇用機会均等法の施行後、男女平等は社会的には進んでいるはずなのに、日本企業の女性管理職比率(2011年現在)は部長4.5%、課長5.5%に留まっている。この記事では、なぜ女性管理職の登用が進まないのか考察する。
他人事ではない! 20代後半から30代に迫る「育児」と「介護」のダブルケアの危機

他人事ではない! 20代後半から30代に迫る「育児」と「介護」のダブルケアの危機

 社会的に大きな問題となっている育児と介護。結婚前の若い世代にとってはまだピンとこないかもしれないが、じつは、これから最も深刻な事態に直面するのが20代から30代前半の世代なのだ。
安倍内閣 肝いりの「働き方改革」の中身とは

安倍内閣 肝いりの「働き方改革」の中身とは

平成28年9月27日、安倍総理は、総理大臣官邸で第一回「働き方改革実現会議」を開催した。この「働き方改革」は、安倍総理が標榜する「一億総活躍社会」の実現に欠かせないもの。「働き方改革」の具体的な中身とはどのようなものだろうか。

この記事のキーワード

この記事のライター

楠山拓己 楠山拓己

セミナー・イベント

プレスリリース