2016年3月7日 更新

【各業界のトップクラスが勢揃い!】SlushAsiaって?

話題の「SlushAsia」。やはり気になるのはどんな企業が、どんな人が参加しているのかという点だと思います。やはり有名企業家の話を聞きたいと願うのはみんな同じだと思います。昨年はどんな面々が参加していたのでしょうか。

2015年の参加者は?

ビジネス|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

基調講演には全世界から30人もの著名人が集まりました。
国外からはアメリカに本拠を置く本拠を置くデザインコンサルタント会社IDEOのトム・ケリー氏、フィンランドのモバイルゲーム開発会社supercellのIlkka Paananen氏などが来日しました。

国内からは元LINE株式会社代表取締役社長の森川亮氏、DeNA創業者の南場智子氏、ガンホー代表孫泰蔵氏、イベント管理ウェブサービス会社の竹村詠美氏などが登壇しました。スタートアップピッチングコンテストには、国内外で50組もの企業が参加しました。

基調講演:元LINE株式会社代表取締役社長 森川亮氏

人差し指を出す男性の手16|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

森川氏は筑波大学を卒業後、日本テレビ放送網に入社。その後、MBA取得及び数社を経て2003年にハンゲームジャパン(現LINE株式会社)に入社し、2007年に代表取締役社長に就任しました。

現在はC Channel株式会社を設立している日本を代表した起業家の一人です。

森川氏の講演は、「変化」の重要性強調したもので、変化なくして成功はないと説き伏せている内容でした。

基調講演:株式会社DeNA ファウンダー 南場智子氏

右手を出す男性1|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

南場氏は津田塾大学卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパンに入社しました。その後、ハーバードビジネススクールにてMBA取得し、1996年にマッキンゼーの役員に就任。1999年に株式会社DeNAを設立しました。

南場氏の講演は、成功に必要な3つの要素(Vision・Money・People)についてのもので、特に大事なのはPeopleであると熱く語っていました。

50社で競ったスタートアップピッチングコンテスト

マイク|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

5つのカテゴリーが設けられ、各カテゴリーで10社ずつで競い合ったピッチコンテスト。各カテゴリーでファイナリストとなったのは、クラウド/マーケットプレイス部門はアメリカ・カルフォルニアのAlpacaDB。エンタメ部門は台湾のVMFive。教育部門ではロンドンのBento Bioworks。

ツール部門では日本のFASTMEDIA。そしてハイテク/ハードウェア部門ではアメリカ・カルフォルニアのFOVE。その中で見事グランプリを獲得したのはVMFiveでした。VMFiveは、ユーザーがスマートフォンのアプリやWebにてダウンロードすることなく、そのまま体験プレイが行える体験プロモーションソリューション「AdPlay」を提供している企業です。

アドウェイズとも包括的業務提携を結んでおり、アドウェイズが提供するリリース前のアプリを事前に予約することが出来るサービス「予約トップ10」を発表しています。今後はアジアを中心に北米へも展開していく今後においても注目のスタートアップ企業です。

国内外の有名起業家と密に触れ合える時間

やはり一番の魅力は世界で活躍する起業家の声を生で聞けることと、今まさにスタートアップしている企業の最新技術に触れられることでしょう。

今年の開催ではどのような魅力的な話が聞けるのか、今から非常に楽しみです。
14 件

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

プレスリリース