2017年2月7日 更新

ミクシィ 同性パートナーにも福利厚生制度を適用

 SNS「mixi」やスマホアプリ「モンスターストライク」などを運営するミクシィ(東京・渋谷、森田仁基社長)は就業規則等の社内規定を改訂し、「配偶者」の定義を同性パートナーを含むものに変更した。この改定で、これまで法的に認められた婚姻に限っていた福利厚生制度の適用範囲を同性パートナーにも拡大する。

 ミクシィでは、事業範囲の広がりにともなって外国籍の従業員が増えるなど様々なバックグランドを持つ人材が増えていることから、多様性や個性などを尊重した従業員が働きやすい環境をつくることが重要として社内規定の「配偶者」の定義変更を決定した。

 「配偶者」の定義は、法的な婚姻における配偶者だけでなく同性パートナーにおいても適用される。

 これにより、対象従業員はミクシィが定める基準を満たしていると認定されれば、祝金や見舞金などの慶弔に関する制度や、育児・介護休業などの休業制度などの法的な婚姻による配偶者と同等の福利厚生を受けることができる。

 また、就業規則で「性の多様性の尊重」に関する事項を明文化した。
2 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

ビズフル|働き方を変えるためのキャリア情報サイト

関連する記事 こんな記事も人気です♪

多様な働き方の追求。働き方改革実現会議で紹介された事例とは?

多様な働き方の追求。働き方改革実現会議で紹介された事例とは?

働き方改革実現会議は、長時間労働や女性の働きにくさといった労働現場の諸問題について、解決へ向けた取り組みを行ったり、各社の成功事例を紹介しブラッシュアップすることを目的とする諮問機関です。働き方改革実現会議で話し合われた内容や改革事例についてご紹介します。
家事代行を使えば自分のための時間を作ることができる!?

家事代行を使えば自分のための時間を作ることができる!?

 家事代行を利用するきっかけは家事のストレス”であるものの、アウトソーシングサービスをうまく使うことで、自分投資の時間が生れている実態がインテリジェンス(東京・千代田、峯尾太郎社長)の法人向け福利厚生型家事シェアサービス「ショコラ(share of co life)」の調査で分かった。
50代を超えてようやく仕事に満足する人が増える!? 人間関係や報酬も仕事の満足度に大きく影響する実態が明らに

50代を超えてようやく仕事に満足する人が増える!? 人間関係や報酬も仕事の満足度に大きく影響する実態が明らに

 仕事に満足している人は平均3割程度だが、50代以降は4割、5割と増加する傾向があることが、プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険(東京・千代田、添田毅司社長)が実施した「人生の満足度に関する調査2016」で分かった。
IMJ、ダイバーシティ推進プロジェクトを始動

IMJ、ダイバーシティ推進プロジェクトを始動

 デジタルマーケティングを支援するアイ・エム・ジェイ(東京・目黒、竹内真二社長)は、多様な社員の活躍できる職場づくりを目指すためのダイバーシティ推進プロジェクト「i・IMJプロジェクト」を始動させた。
企業が雇用している従業員への考え方を示す、「福利厚生」を解説する

企業が雇用している従業員への考え方を示す、「福利厚生」を解説する

企業が従業員を雇用して負担する費用は、実は給与だけではない。住宅手当や資格手当などを負担している企業も存在する。これらは、一般的に「福利厚生」と呼ばれ、従業員が企業を選ぶうえで決め手になるケースもあり得る。一方、「法定福利」と呼ばれる法律で定められた福利厚生もある。企業が設けている福利厚生にはどのようなものがあるのだろうか。絶対に知っておきたい法定福利と法定外福利の仕組みを解説する。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

セミナー・イベント

プレスリリース