働き方

働き方

働き方の記事 最近投稿された記事

テレワークは理想的な制度か?在宅勤務のメリットとデメリット

テレワークは理想的な制度か?在宅勤務のメリットとデメリット

近年、在宅勤務などテレワークを導入する企業が増えている。政府の「働き方改革実行計画」でも柔軟な働き方としてテレワークの普及を加速させていくことを掲げている。
「週休3日制」は日本に定着するのか

「週休3日制」は日本に定着するのか

昨今の働き方改革の流れを受けてか、「週休3日制」というワードがちらほら聞かれはじめている。 現状の「週休3日制」はどのように運用されているのか。実例とともに紹介していく。
今時の新入社員の育成方法、OJTの指導役になった若手社員の悩み

今時の新入社員の育成方法、OJTの指導役になった若手社員の悩み

今年の4月に入社した社員が研修を終えて各職場に配属されるのが5月。各部署では新人のOJT(職場内教育訓練)が始まるが、すでに新人研修でビジネスマナーをはじめとする基礎的スキルを徹底して学んだはずである。しかし、最近はそうでもないらしい。
就職・転職で気になるブラック企業とホワイト企業、言いかえればキャリアアップか安定か

就職・転職で気になるブラック企業とホワイト企業、言いかえればキャリアアップか安定か

就職・転職先選びで長時間労働かどうかなど労働時間を気にする人が増えている。とくに新卒学生は電通の過労死事件がマスコミで盛んに報道されたこともあり、労働時間や休日を指標にする傾向が強い。その傾向は転職者も同様だ。
定時に帰る仕事のやり方~デビッド・アレン氏の「仕事の整理術」に学ぶ

定時に帰る仕事のやり方~デビッド・アレン氏の「仕事の整理術」に学ぶ

なぜ日本人の長時間労働はなくならないのか。官民を挙げた「働き方改革」が叫ばれ、政府は長時間残業の取り締まりや上限規制を検討し、企業も残業規制策を強化しつつある。だが、残業を減らすといっても簡単ではない。組織のあり方や上司の仕事の与え方など職場の業務効率の改善だけではなく、社員個々の仕事のやり方も厳しく問われることになるだろう。
なぜ残業時間は減らないのか? 長時間労働の要因を理解して、自分で働き方を変える

なぜ残業時間は減らないのか? 長時間労働の要因を理解して、自分で働き方を変える

安倍政権が推進する「働き方改革」。「長時間労働の是正」はこの改革の目玉。電通の過労自殺事件を発端に、これまで以上に長時間労働にバッシングが強くなってきた。とはいえ、長時間労働の要因を正確に整理しなければ、長時間労働の良し悪しを把握することもできまい。この記事では、長時間労働の要因について解説する。
未来の働き方や生活が変わる!! 覚えておきたい5つの最新テクノロジー

未来の働き方や生活が変わる!! 覚えておきたい5つの最新テクノロジー

2016年、VR(仮想現実)やAI(人工知能)、フィンテックなど私たちの生活を激変させるテクノロジーが多数登場した。AIは、私たちの仕事を奪うとも言われ、たとえテクノロジーに無関係の職場にいるとしても、その進化を無視することはできない。この記事では、AIほか私たちの働き方や生活に多大な影響を及ぼす5つのテクノロジー(VR、フィンテック、AI、ゲノム編集、制震)について解説する。
デキる外国人を見習い、長時間労働をなくす! 残業時間を減らす9つの方法

デキる外国人を見習い、長時間労働をなくす! 残業時間を減らす9つの方法

長時間労働を前提とした日本流の働き方はもはや時代遅れだ。政府による残業規制が話題となるなか、生産性向上は喫緊の課題だ。近年、IT業界を中心に外国人労働者が増えてきているが、彼らはあまり残業をしていないようだ。筆者はさまざまなIT企業や外資系企業を訪問しているが、定時になると帰宅する外国人が多い。なぜ、外国人は残業時間が少ないのだろうか。デキる外国人の秘密の特徴を考察した。
副業で注意すべきポイントを解説! 詐欺、フランチャイズ、債権回収etc.

副業で注意すべきポイントを解説! 詐欺、フランチャイズ、債権回収etc.

意気揚々と始めてみた副業だったが、実際に始めてみると思わぬ障害にぶち当たることもある。副業で注意すべき実践的な基礎知識を解説する。
【年末年始】仕事納め・仕事始め〜社会人の正月とは〜

【年末年始】仕事納め・仕事始め〜社会人の正月とは〜

「年末の仕事納め」と言う言葉をよく耳にしますが、会社によって年末、仕事納めの日はバラバラですね。実は、「仕事納め」とは官公庁の「御用納め」に習って民間企業もお休みするようになったのが始まりです。そこで今回は、「仕事納め」のいろいろについてご紹介しましょう。
こんなにもある! 「在宅勤務」の落とし穴、注意点を総括!

こんなにもある! 「在宅勤務」の落とし穴、注意点を総括!

近年、さまざまな企業が「在宅勤務」を導入している。安倍内閣は「働き方改革」を推進しており、「在宅勤務」のようなオフィス外で働くケースは徐々に増えてくるだろう。この記事を読んでいる方のなかには、育児や介護に直面し「在宅勤務」を検討している人もいるかもしれない。この記事では「在宅勤務」を選ぶ際の注意点について解説する。
始める前に押さえておきたい「副業」のノウハウとその選び方

始める前に押さえておきたい「副業」のノウハウとその選び方

不透明な時代のなか、収入が上がらず会社員生活に不満を抱えている人もいるだろう。また、会社から与えられる仕事だけでは満足できず、空き時間でほかの仕事もやってみたいというパワフルな人もいるかもしれない。そんな人は、社外にぜひ目を向け、「副業」を検討してほしい。この記事では、「副業」のノウハウとその選び方をご紹介したい。
ビジネスリーダーへの影響大 「裁量労働制」の適用拡大で働き方はどう変わるのか?

ビジネスリーダーへの影響大 「裁量労働制」の適用拡大で働き方はどう変わるのか?

安倍内閣肝いりの「働き方改革」。この改革においては、「労働生産性の向上」や「長時間労働の是正」などが論点になっている。これらの論点を語るうえでホットなキーワードといえば「裁量労働制」だ。この記事では「裁量労働制」の概要について解説する。
正規社員と非正規社員の給料が同じになる? 「同一労働同一賃金」で働き方はどう変わるのか?

正規社員と非正規社員の給料が同じになる? 「同一労働同一賃金」で働き方はどう変わるのか?

安倍内閣肝いりの「働き方改革」で動向が注目されている「同一労働同一賃金」。正規従業員と非正規従業員の待遇格差が問題視されるなか「同一労働同一賃金」が実現するとどのような変化があるのか。具体的に考察してみよう。
「脱時間給制度」のメリット、デメリット ホワイトカラーにとって対岸の火事ですむのか!? 

「脱時間給制度」のメリット、デメリット ホワイトカラーにとって対岸の火事ですむのか!? 

安倍内閣が推進している「働き方改革」。その目玉のひとつが「脱時間給制度(高度プロフェッショナル制度)」で、労働時間の長短に関わらず、成果に応じて給与を支払う仕組み。この記事では、「脱時間給制度(高度プロフェッショナル制度)」の概要について解説する。
31 件

働き方で人気のキーワード

プレスリリース