働き方

働き方

働き方の記事 最近投稿された記事

年齢や勤続年数で給料が上がる「年功賃金制度」 ポジション不足で若手社員のモチベーション低下も

年齢や勤続年数で給料が上がる「年功賃金制度」 ポジション不足で若手社員のモチベーション低下も

日本型雇用の中核に位置付けられている「年功賃金制度」。リーマンショック後、いったん成果主義へと舵を切った企業は多かったものの、は失敗に終わり、「年功賃金制度」へ戻ったケースも多々見られた。とはいえ、「年功賃金制度」は、若者の働く意欲の減退につながっているという指摘や組織の活性化の妨げになるという声を受けて、変革を迫られている。この記事では、「年功賃金制度」のメリット、デメリットを概観しよう。
電通過労死事件で注目される「残業時間の上限設定」 私たちの「働き方」は変わるのか?

電通過労死事件で注目される「残業時間の上限設定」 私たちの「働き方」は変わるのか?

大手広告代理店「電通」に勤務していた高橋まつりさん(当時24歳)が過労を苦に自殺した。入社1年目の若手社員の過労自殺。同様の境遇にある若手会社員にとっては衝撃的なニュースであっただろう。奇しくも安倍総理が「働き方改革」において「残業時間の上限設定」をテーマに掲げた最中の事件であった。この記事では、「残業時間の上限設定」で何が変わるのか、詳しく解説する。
他人事ではない! 20代後半から30代に迫る「育児」と「介護」のダブルケアの危機

他人事ではない! 20代後半から30代に迫る「育児」と「介護」のダブルケアの危機

 社会的に大きな問題となっている育児と介護。結婚前の若い世代にとってはまだピンとこないかもしれないが、じつは、これから最も深刻な事態に直面するのが20代から30代前半の世代なのだ。
ユニ・チャーム、“在宅勤務制度”と残業の抑制で働き方改革を推進

ユニ・チャーム、“在宅勤務制度”と残業の抑制で働き方改革を推進

 ユニ・チャーム(東京・港、高原豪久社長)は、働き方改革の一環として「働き方改革推進室」を新設し、全社員を対象とした「在宅勤務制度」と“ダラダラ残業”を減らすための「インターバル勤務制度」を2017年1月に導入する。
IDCフロンティア、週休3日制など多様な働き方を選択できる“フルサポート勤務制度”を開始

IDCフロンティア、週休3日制など多様な働き方を選択できる“フルサポート勤務制度”を開始

 クラウドコンピューティング事業などを手掛けるIDCフロンティア(東京・新宿、石田誠司社長)は、妊娠・育児中、要介護者を抱える社員を対象に、週の労働日を減らす週休3日制勤務やオフィスへの出勤が不要な在宅勤務などを選択できる「フルサポート勤務制度」を導入した。
”生涯現役”をキーワードとする「高齢者雇用」

”生涯現役”をキーワードとする「高齢者雇用」

安倍総理が掲げる「働き方改革」の柱のひとつである「高齢者雇用」。労働人口減少に伴い働き手が減るなか、高齢者の活躍が期待されている。年金支給年齢の引き上げが漸次行われており「生涯現役」がキーワードのひとつになっている。この記事では「高齢者雇用」を通して、私たちのキャリア形成についても考えてみたい。
「テレワーク・在宅勤務」の導入で私たちの生活はどう変わる?

「テレワーク・在宅勤務」の導入で私たちの生活はどう変わる?

安倍総理が掲げる「働き方改革」。「働き方改革」は、国民全員が活躍できる社会である「一億総活躍社会」の実現に欠かせないもの。この記事では、「働き方改革」の重要なテーマのひとつである「テレワーク・在宅勤務の促進」について解説する。
同一労働同一賃金が実現しない本当の理由とは?

同一労働同一賃金が実現しない本当の理由とは?

安倍内閣が目下進めている「働き方改革」。先月28日には、「働き方改革」を議論する有識者会議の初会合が開かれ、安倍首相は「同一労働同一賃金」などの具体策を年度内にまとめる考えを示した。「同一労働同一賃金」に賛成の声が上がる一方、実現する可能性は低いという声も聞かれる。筆者は、「同一労働同一賃金は実現しない」と考えている。その理由を解説しよう。
組織率が低下している「労働組合」の役割を今一度確認してみたい

組織率が低下している「労働組合」の役割を今一度確認してみたい

あなたは労働組合に対してどんなイメージを持っているだろうか。「怪しい」「宗教的だ」などというイメージを持っている人もいるが、それは間違いだ。労働組合は、労働者と使用者(経営側)との利害関係を調整する機能を持ち、労働者が人間らしく働くうえで欠かせない存在である。この記事では、知っているようで知らない労働組合の役割について解説する。
正しく使いたい成果主義と能力主義の違い、賃金制度の基本である「職務給」の考え方を理解する

正しく使いたい成果主義と能力主義の違い、賃金制度の基本である「職務給」の考え方を理解する

成果主義が浸透するなか、管理職層を中心に導入が進む「職務給」。人事制度においては「職能給」と比較衡量され使用される言葉であるが、その意味をしっかりと把握している人は思った以上に少ない。この記事では、成果主義的賃金の「職務給」の概要を職能主義的賃金の「職能給」とを比較して解説する。
働きながらゴルフのレッスンプロを目指す方法

働きながらゴルフのレッスンプロを目指す方法

 プロゴルファーにはなれなくても、ゴルフのレッスンプロに向いている人は案外いるかもしれない。そんな人は、千葉県柏市でゴルフ練習場「ガーデン藤ヶ谷ゴルフレンジ」を運営するアラキ企画(千葉・柏、荒木知太朗社長)が主催するゴルフのレッスンプロを育成する新しい研修生制度に応募してみてはどうだろう。
リーダーになったら知っておきたい「人事考課」の2つの役割と3つの評価基準

リーダーになったら知っておきたい「人事考課」の2つの役割と3つの評価基準

会社員である限り決して逃れられない「人事考課」。この記事を読んでいる方のなかには、人事考課で一喜一憂している人もいるだろう。人事考課は、企業経営にとって不可欠なものだ。なぜ、企業は人事考課を行うのだろうか。この記事では、人事考課の役割や意味などを考察する。
安倍内閣 肝いりの「働き方改革」の中身とは

安倍内閣 肝いりの「働き方改革」の中身とは

平成28年9月27日、安倍総理は、総理大臣官邸で第一回「働き方改革実現会議」を開催した。この「働き方改革」は、安倍総理が標榜する「一億総活躍社会」の実現に欠かせないもの。「働き方改革」の具体的な中身とはどのようなものだろうか。
企業が雇用している従業員への考え方を示す、「福利厚生」を解説する

企業が雇用している従業員への考え方を示す、「福利厚生」を解説する

企業が従業員を雇用して負担する費用は、実は給与だけではない。住宅手当や資格手当などを負担している企業も存在する。これらは、一般的に「福利厚生」と呼ばれ、従業員が企業を選ぶうえで決め手になるケースもあり得る。一方、「法定福利」と呼ばれる法律で定められた福利厚生もある。企業が設けている福利厚生にはどのようなものがあるのだろうか。絶対に知っておきたい法定福利と法定外福利の仕組みを解説する。
29 件

働き方で人気のキーワード

セミナー・イベント

プレスリリース