浜田望生

浜田望生

ビジネスにおける“ホラーストーリー”とは

ビジネスにおける“ホラーストーリー”とは

みなさんは「ホラーストーリー」と言われて、何を連想するでしょうか。多分、真っ先に思いつくのは、恐怖映画やドラマなどの架空のストーリーでしょう。でも実は、ビジネスシーンにもホラーストーリーと呼ばれる手法があるのです。
経理に転職するために有利な資格とは?

経理に転職するために有利な資格とは?

経理の仕事には簿記や法律の知識が必要な仕事のため、一般事務に比べて平均給与も高め。それだけに経理職に就きたいという人も多く、就職戦線では狭き門になっています。経理職を目指すに当たって、どんな資格を持っていたら有利になるのでしょうか。
未経験から経理職になるには

未経験から経理職になるには

どんな会社であっても、金銭を扱う限り絶対に必要になる職種が経理。反対に言えば、経理のスキルや経験があれば、どんな企業にもアピールできるということです。しかし、経理職に就くためには、いったいどうしたらいいのでしょうか。
社会人が読むべきビジネス書の人気ランキング

社会人が読むべきビジネス書の人気ランキング

書店を訪れると、さまざまなビジネス書が並んでいます。ビジネスの指針となるような本が欲しいけれど、あまりに多くのビジネス書があって、どれを手に取ったらいいのか分からない、という人も多いのでは?そんなときは、人気ランキングを参考にしてみるのもひとつの手です。
社会人が読むべき社会常識の本4選

社会人が読むべき社会常識の本4選

仕事をするにあたって、新社会人が覚えるべきことはたくさんあります。業務に関する専門的な知識はもちろんのこと、社会人としての常識やマナーも知っておかなければなりません。その社会人としての常識は、どう学べば良いのでしょうか。そんな悩みを抱える新社会人や、もう一度マナーを勉強し直したいと思っている人におすすめの本をご紹介します。
ビジネス検定(B検)をもっと知ろう!

ビジネス検定(B検)をもっと知ろう!

みなさんの中には、スキルアップのための資格取得を考えている方も多いと思います。でも、どんな資格を取っておくと役立つのでしょうか? ビジネス関係の資格にはさまざまなものがありますが、近年注目されているのが「ビジネス能力検定試験ジョブパス」、通称「B検}です。
どこまで大丈夫?真夏の女性のオフィスカジュアル

どこまで大丈夫?真夏の女性のオフィスカジュアル

環境省が初めてクールビズを奨励したのが2005年のこと。最近では多くの企業が、夏季のクールビズを取り入れています。でも、「女性の場合どんな格好で出社すればいいのか」と悩む人もまた多いはず。ということで、夏のオフィスでの女性向けオフィスカジュアルのコーディネイトをご紹介します。
【社内外】メールテンプレート『企画書編』

【社内外】メールテンプレート『企画書編』

ビジネスシーンでは、新しいプロジェクトを始める際には、必ずといっていいほど企画書を作成します。その企画書を元に検討を重ねるためる、社内外の関係者すべてに企画書を配布しなければなれません。では、企画書を送付するときのメールの書きかたには、どんなマナーがあるのでしょうか。
【社外】メールテンプレート『確認編』

【社外】メールテンプレート『確認編』

仕事の内容によっては、クライアントと顔を合わせることなく、メールのみでやりとりすることも多くなってきました。しかし同時に、相手のミスを指摘したり、再度確認を求めたりしなければならないことも増えてきています。そんな時、失礼のないメールを送っていますか?
【社内外】メールテンプレート『提案編』

【社内外】メールテンプレート『提案編』

仕事でなにか問題点や改善点を発見した時、それを指摘するだけでは半人前。「こうしたらどうか」という改善の提案ができてこそ、一人前のビジネスパーソンといえます。しかし提案のしかたによっては、相手の気分を損ねてしまうことも。そこで提案メールのポイントについて考えてみましょう。
【社内】メールテンプレート『請求編』

【社内】メールテンプレート『請求編』

仕事をしていると、とにかく取引先に迷惑をかけないようにと気にするあまり、つい社内業務や事務が後回しになってしまうことも。事前に依頼した期限を過ぎても、作業が滞っていた時は、当然請求しなければいけません。 でも、請求のしかたによっては相手の気分を害してしまうことがあります。
【社外】メールテンプレート『催促編』

【社外】メールテンプレート『催促編』

頼んでおいた書類や製品が届かない、代金の振り込みがないといった場合には、取引先に催促をしなければなりません。しかし、催促メールで取引先の機嫌を損ねてしまったら、トラブルが長引いてしまうことも。改めて催促メールで気をつけるべき点を考えてみましょう。
【社内】メールテンプレート『お詫び編』

【社内】メールテンプレート『お詫び編』

仕事でトラブルが起きてしまった時には、上司や同僚など社内の関係者にお詫びをするとともに、状況を報告しなければいけません。お詫びと報告がなされていないと、上司や同僚からのフォローが期待できなくなってしまいます。ではトラブルの際のお詫びメールとは、どう書けばいいものなのでしょうか。
【社外】メールテンプレート『お詫び編』

【社外】メールテンプレート『お詫び編』

取引先など社外の人へのお詫びメールは、思わぬトラブルなどで相手を怒らせてしまったときに、その怒りを静めるために送るものです。そんなお詫びメールで失礼があっては、さらに相手の怒りに火を注ぐことに。では、どんなメールだったら失礼に当たらないのでしょうか。
【社外】メールテンプレート『日程調整編』

【社外】メールテンプレート『日程調整編』

ビジネスでは基本的に、営業で取引先を訪問する時には、事前にアポイントメントをとる必要があります。しかし、勝手に「この日のこの時間に伺います」と決めてしまっては、相手の都合を無視することになってしまいます。どんなメールを送れば、上手く日程調整できるのでしょうか。
77 件